PalmスマートフォンがOSをAndroidに変えて発売されるとの予測が伝えられる

投稿日時 12月 31st, 2014 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
キーワード: , ,
コメントは受け付けていません。



2011 年に販売が打ち切られた HP(ヒューレット・パッカード)の「Palm」。このブランド名を冠した Android スマートフォンが中国メーカー TCL より発売されるという噂が浮上してきました。海外の WEB サイト webOS Nation が伝えました。


Palm ブランドは販売打ち切り後も HP が保有していましたが、米国特許商標庁で公開された Palm と関連商標の割り当て変更の資料より、「Wide Progress Global Limited」という企業が同ブランドを取得したことが判明しました。


Wide Progress Global Limited 社は他に商標を持っておらず、Palm の商標を受け取るためだけに設立された企業と見られています。この企業のバイスプレジデントとして譲渡文書に署名した Nicolas Zibell 氏は Alcatel Onetouch と TCL の社長でもることが判明しました。


一方、Palm 社のドメイン名「palm.com」は今では「mynewpalm.com」にリダイレクトされていることも判明し、さらに、ページには Palm ロゴと共に「Coming Soon」の文字も記載されており、Palm ブランドの何かが近々登場するものと予想されています。


TCL は「Alcatel OneTouch」ブランドの下で世界中で Android スマートフォンを販売しています。Palm の標準 OS「webOS」は LG が取得し、そのオープンソース版「Open webOS」もあったのですが、今年になって「LuneOS」に改称されました。


TCL から従来型の Palm スマートフォンが発売されるとは考えにくいので使用されるとすれば Android ベースの製品に採用されるはず。こららの情報を総合すると冒頭で述べた予想に辿り着くというわけです。


Source : webOS Nation


関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5