CES 2015 : NVIDIA、64bit 8コアCPUとMaxwell 256コアGPUを搭載した「Tegra X1」を正式発表

投稿日時 1月 5th, 2015 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
キーワード: , ,
コメントは受け付けていません。



米 NVIDIA は 1 月 4 日(現地時間)、モバイルプロセッサ「Tegra」シリーズの最新版となる「Tegra X1(Parker)」を正式に発表しました。


Tegra X1 は、2014 年の「Tegra K1」の後継となるモバイル向けの SoC。Tegra X1 では GPU を Maxwell アーキテクチャーをベースとしたものに刷新したほか、GPU コア数を 192 個から 256 個に増やして性能を高めています。


同社曰く、Tegra X1 のグラフィックスパフォーマンスは Tegra K1 の 2 倍向上したものの、消費電力はほとんど同じとのことです。また、Tegra シリーズ最高の性能を発揮する Tegra X1 を「モバイルスーパーチップ」と呼んでいます。


Tegra X1 は Unreal Engine 4 や DirectX 12、OpenGL 4.5、CUDA、OpenGL ES 3.1、Android Extension Pack などのモダンなグラフィック API をサポートしています。


Tegra X1 は 20nm プロセスで製造される SoC で、CPU は Cortex-A57×4 + Cortex-A53×4の 32bit / 64bit オクタコアを採用しています。Tegra K1 の Denver コアは採用されていない模様です。


CPU の処理性能は Tegra K1 よりも 40 ~ 100% 向上し、演算性能ではモバイルプロセッサ初の 1TFLOPS 超えを果たしたそうです。それでもチップ全体の消費電力は Tegra K1 から 40% 削減されたと言われています。


このほか、Tegra X1 では 4K 動画の 60fps デコード(H.265 / H.264 / VP9)や最大 1.3 ギガピクセルカメラもサポートしています。




Source : NVIDIAAnandTech

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5