KDDI、Androidを搭載した新型auケータイ「AQUOS K SHF31」を発表

投稿日時 1月 19th, 2015 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。


KDDIは 1 月 19 日、ガラケーでは定番の折りたたみ形状のボディに Android を搭載した新しい au ケータイ 「AQUOS K SHF31」を正式に発表しました。発売時期は2015年2月下旬です。

AQUOS K SHF31 は、従来の折りたたみ式のフォームファクターを採用しており、外観はまさにガラケーなのですが、Android を搭載しているので、中身は au スマートフォンに近い内容です。KDDI では au ケータイのカテゴリで展開されます。



これまでにも Android ガラケーは複数発売されてきましたが、それらの多くはスマートフォンを主体にしてガラケーの要素を組み合わせたというものが多かった中で、AQUOS K SHF31 ではガラケーに Android を搭載したという従来とは逆の思想で開発された新しい “ガラスマ” あるいは “ガラホ” だと言えます。これが受けるようであれば、今後他社でも Android ガラケーが復活することでしょう。


筐体サイズは 113 x 51 x 16.9mm、質量は 128g。バッテリー容量はガラケーでは大容量の 1,410mAh。ディスプレイ部分の内側に 3.4 インチ qHD 解像度の TFT 液晶ディスプレイを、外側にはサブディスプレイを搭載しています。


AQUOS K SHF31 で面白いのはテンキー上にタッチセンサー式が仕込まれており、BlackBerry Passport のようにタッチパッドにしてスクロールしたり、ポインタの移動操作を行うことができます。これは「タッチクルーザー EX」と呼ばれています。


このほか、Wi-Fi テザリングに対応(最大 10 台)。タブレットとペアリングしてタブレットに AQUOS K SHF31 の着信を転送したり、Wi-Fi テザリングの ON / OFF を切り替えることができる「PASSNOW」機能も搭載しています。


リアの 1,310 万画素カメラは「Night Catch」や「リアルタイム HDR 撮影」、「美ズーム」、「フレーミングアドバイザー」といった AQUOS スマートフォンの主要なカメラ機能を搭載しています。


なお、1 月 20 日より au SHINJUKU、au NAGOYA、au OSAKA、au FUKUOKA で先行展示が行われます。

  • OS:Android 4.4(KitKat)※Google Playに対応しているのかどうかは不明
  • サイズ:113 x 51 x 16.9mm、質量 128g
  • ディスプレイ:3.4 インチ、解像度960 × 540 ピクセル(qHD)、TFT液晶
  • プロセッサ:Qualcomm Snapdragon 400 MSM8926 1.2GHzクアッドコアプロセッサ
  • メモリ:RAM 1GB、内蔵ストレージ 8GB、Micro SD(最大32GB)
  • リアカメラ:1,300万画素
  • フロントカメラ:-
  • 対応周波数:
  • 通信速度:3G(下り最大9.3Mbps/上り最大5.5Mbps)、LTE(下り最大150Mbps/上り最大25Mbps)
  • 通信機能:Wi-Fi b/g/n(2.4GHz)、Bluetooth v4.0、NFC(FeliCa+TypeA/B)、赤外線(IrDA)
  • 外部端子類:
  • センサー類:-
  • バッテリー:1,410mAh
  • 待受時間:610時間(3G)、470時間(3GとLTE)
  • 通話時間:620分(VoLTE)
  • カラー:レッド、ホワイト、ブラック
  • Eメール(~@ezweb.ne.jp):○
  • Cメール(SMS):○
  • auスマートパス:○(AUQOS K専用)
  • Felica:○
  • NFC:○(TypeA/B)
  • ワンセグ:○
  • フルセグ:×
  • 赤外線通信:○
  • 防水:○(IPX5/X7)
  • 防塵:×
  • テザリング:○(Wi-Fiは最大10台)
  • WIN HIGH SPEED:○
  • WiMAX:×
  • 4G LTE:○
  • LTE-Advanced(CA):×
  • WiMAX2+:×
  • au VoLTE:×
  • 緊急速報メール:○
  • グローバルパスポート:○(GSM/UMTS)

Source : KDDI

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5