オリンパス、スマートフォンから操作できるレンズ型デジカメ「OLYMPUS AIR A01」を発表

投稿日時 2月 5th, 2015 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。



オリンパスがほぼレンズだけのボディを採用し、スマートフォンから操作できる新ジャンル “オープンプラットフォームカメラ”「OLYMPUS AIR A01」を発表しました。Sony QX1 の対抗馬になります。


「OLYMPUS AIR A01」は、3 / 4 型 1,720 万画素 Line MOS イメージセンサーを内蔵したマイクロフォーサーズ規格のレンズ交換式デジタルカメラ。ミラーレスカメラクラスの高い画質とレンズを交換できる高い機能性に期待できるプロ向けの製品です。



ボディ本体には Wi-Fi と Bluetooth のワイヤレス通信モジュール、バッテリー、Micro SD / Micro SDXC のメモリカードスロット、Micro USB 端子(充電)・データ通信用)などを内蔵。スマートフォンにインストールしたアプリで様々な機能を実現できます。


本体はファインダー(スマートフォン)と分離したまま使用できるので、自分撮りやハイ・ローアングル撮影、プレビューしながらの後方撮影といった様々な撮影方法を楽しめます。


OLYMPUS AIR A01 のボディは 33,800 円+税で、A01 14-42mm EZ レンズキットは 49,800 円+税で販売されます。発売予定日は 3 月 6 日です。ボディの同梱品は、ボディ、Air Coupling、Micro USBケーブル、Air Strap、ウェルカムカード、安全にお使いいただくために、保証書となっています。


オリンパスはこの製品の発売に合わせて同社の技術をデベロッパー向けに公開することにしており、「OPC Hack & Make Project」というプロジェクトをスタートさせ、OLYMPUS AIR A01 を操作できる SDKを提供するほか、3D データからアクセサリーを制作できるサービスも提供します。


Source : オリンパス

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5