MWC 2015 : Samsung、新フラッグシップ「Galaxy S6」とデュアルエッジモデル「Galaxy S6 edge」を正式発表、4月10日に発売

投稿日時 3月 2nd, 2015 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。

▲ 左がGalaxy S6 edge、右がGalaxy S6




Samsung が MWC 2015 における Unpacked 2015 プレスカンファレンスで、同社のフラッグシップスマートフォンの新モデルとなる「Galaxy S6」と「Galaxy S6 edge」を正式に発表しました。Galaxy S6 / S6 edge のグローバルローンチ日は 4 月 10 日です。


Galaxy S6 は直接的には Galaxy S5 の後継となるフラットなディスプレイを備えたモデルで、Galaxy S6 edge はディスプレイの両サイドに折れ曲がった表示領域(エッジスクリーン)を備えたエッジスクリーンモデルです。ほとんどの仕様は共通しているので、選択する上で考慮するのはエッジスクリーンの有無だけだと言えます。


Galaxy S6 / S6 edge で注目されるのは、やはり筐体デザインを刷新したところでしょうか。物理式のホームボタンやタッチセンサー式のナビゲーションボタンを持つ構造は従来から変わっていませんが、シャシーとフレームを金属素材の一体型構造に変更したほか、前面だけではなく、背面にも強化ガラスパネル(ゴリラガラス 4)を取り付けるなど、外観や質感を大きく変えています。バッテリーは内蔵型になりました。


筐体サイズは、Galaxy S6 が 143.4 x 70.5 x 6.8mm / 138g、Galaxy S6 edge が 142.1 x 70.1 x 7.0mm / 132g。Galaxy S5 よりもスリムで軽くなりました。カラバリは Pearl、Black Sapphire、Gold Platinum、Blue Topaz(Galaxy S6 のみ)、Green Emerald(Galaxy S6 edge のみ).


また、ディスプレイを 2,560 × 1,440 ピクセルと Glaaxy S5 よりも高い解像度の Super AMOELD を採用しており、最大輝度が 600 カンデラにまで向上したので、Galaxy S5 よりも屋外で見やすいはず。


Galaxy S6 は Android 5.0(Lollipop)を標準で搭載しており、Samsung は TouchWiz を刷新しています。既に Galaxy A シリーズの一部に搭載されているデザインをカスタマイズできる「テーマ」機能を標準実装したほか、ホームボタンを 2 度押すだけでカメラが起動するカメラランチャー機能を追加。BYOD 利用のための Samsung Knox は健在。さらに、LoopPay の技術をベースにしたモバイル決済機能「Samsung Pay」も搭載。ちなみに、Microsoft の OneDrive(2 年間 115GB 無料)と OneNote アプリが追加されています。


Galaxy S6 / S6 edgeの基本スペックは、5.1 インチ 2,560 x 1,440 ピクセル(WQHD、577ppi)の Super AMOLED ディスプレイ、14nm プロセスで製造される Exynos 7 Octa(2.3GHz クアッドコア + 1.5GHzクアッドコア)、3GB LPDDR4 RAM、32GB / 64GB / 128GB ROM(Micro SD スロットは無し)、背面に 1,600 万画素カメラ(F/1.9 レンズ、光学手ブレ補正)、前面に 500 万画素カメラ(F/1.9 レンズ)、2,550mAh(S6) / 2,600mAh(S6 edge)バッテリーを搭載。センサー類は、加速度、ジャイロスコープ、デジタルコンパス、近接、ライト、気圧、心拍を搭載。指紋センサーはスワイプ式からタッチ式(iPhone の Touch ID と同じ操作性)に変更されました。


ワイヤレス通信機能は、Wi-Fi a/b/g/n/ac(2X2 MIMO)、Bluetooth v4.1(apt-x 対応)、NFC、Wi-Fi Direct、ダウンロードブースター(ハイブリッドダウンロード)、DLNA、LTE-Advanced(Category 6)などに対応。Micro USB 端子の対応規格は USB 2.0 です。


このほか、両機種とも WPC Qi 1.1 規格と PMA 1.0 規格のワイヤレス充電を標準でサポートしており、さらに、Galaxy S5 よりも 1.5 倍のスピードで充電できる急速充電機能も搭載。40% の使用量を 10 分で充電できるそうです。


やはり外観は私好みではありませんが、ほぼ全面にわたってよく強化している印象を受けます。少なくとも Galaxy S5 で感じたあのがっかり感は Galaxy S6 には感じません。


Source : Samsung

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5