MWC 2015 : Lenovo、デジカメのようにも見えるカメラ機能にこだわった新型Androidスマートフォン「Lenovo Vibe Shot」を発表

投稿日時 3月 2nd, 2015 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
キーワード: , , ,
コメントは受け付けていません。



Lenovo がスペイン・バルセロナで行われている MWC 2015 イベントでデジカメ並みのカメラスペック・外観の新型 Android スマートフォン「Vibe Shot」を発表しました。


Vibe Shot は Lenovo K シリーズ伝統のアルミユニボディに、 5.0 インチ 1,920 × 1,080 ピクセルの IPS 液晶ディスプレイや 64bit 対応の Snapdragon 615 1.7GHz オクタコアプロセッサなどを搭載したハイエンドモデルです。OS は Android 5.0(Lollipop)を搭載しています。


Vibe Shot の特徴は何といってもカメラ機能にこだわったところです。背面のロゴを横向きにプリントして構えた時にデジカメのように見える外観はさることながら、1,600 万画素で 16:9 の裏面照射型 CMOS イメージセンサー、光学手ブレ補正機能、赤外線 LED による高速 AF(普通の 2 倍速いらしい)、RGB フラッシュ、スワイプ操作での撮影モードの切り替えなど高いカメラスペックを備えています。前面には 800 万画素の高解像度フロントカメラを搭載。シャッターボタンもあります。


このほか、3GB RAM、32GB ROM、Micro SD カードスロット(最大 128GB)、2,900mAh バッテリーを搭載。LTE Cat 4 やデュアル SIM にも対応しています。筐体サイズは 142.0 X 70.0 X 7.3mm、質量は 145g。


Vibe Shot は 2015 年 6 月より米国など Lenovo スマートフォンが投入されている国で発売されます。価格は $349 です。


Source : Lenovo

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5