GALAXY Tab SC-01Cに隠されたWi-Fiテザリング機能を呼出す「Mobile AP Shortcut 」

投稿日時 12月 12th, 2010 by juggly 投稿カテゴリ » GALAXY Tab SC-01C
キーワード: , ,
コメントは受け付けていません。
このエントリーをはてなブックマークに追加

ドコモ版GALAXY Tab SC-01Cの設定メニューには、国際版Galaxy Tabに標準搭載されている「Mobile AP」というテザリング機能のメニューが表示されないのですが、どうやらAndroidマーケットに公開されている「Mobile AP Shortcut」を使うことで隠されたテザリング機能(Wi-Fiテザリングのみ)を利用できるようです。実際に手元のGALAXY Tab SC-01Cでspモード経由で試してみました。

もともとこのアプリはホーム画面に配置してすぐにテザリングを有効/無効にするためのショートカットの役割を果たすものみたいですね。

導入は簡単、Androidマーケットで「Mobile AP」と検索すれば出てくるので、後はそれをインストールするだけ。インストールしたらホーム画面にショートカットを配置しておきましょう。

Mobile AP Shortcutを起動すると、左図のような設定画面が表示されます。「Mobile AP」のチェックをON/OFFすることでテザリングの有効/無効にできます。デフォルトではテザリングを有効にするとパスワードなしで接続できるモードになります。これは、「Mobile AP設定」で変更可能です(右図)。「セキュリティ設定」から「WPA2 PSK」を選択することでパスワードを設定しアクセス制限をかけることができます。



「Mobile AP」をONにすると通知バーに現在テザリング機能を起動中であることが表示されます。



後は別の端末から接続するだけです。接続方法は従来のWi-Fiアクセスポイント接続と同じですので説明する必要はないですよね。

実際に3日間ほどテザリングをONのまま使ってみましたが、金額がパケホーダイの定額5,700円を超えることはありませんでした。3日間で150万パケット使っていました。今のところパケ死しないことは確認できましたが、テザリングのご利用は自己責任で行ってください。

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5