Nexus 6の動作パフォーマンスがAndroid 5.1で向上したことについてカーネル開発者が解説

投稿日時 3月 13th, 2015 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
キーワード: ,
コメントは受け付けていません。



Neuxs 6 のパフォーマンスが Android 5.1 へのアップデートで改善されたことについて、Nexus 用のカスタムカーネルを提供しているFrancisco Franco さんが技術的な面に言及し、その理由を紹介しています。


同氏は、Android 5.1 で ART ランタイムや様々な機能のコードレベルのクリーニングによる最適化も影響していると述べていますが、次の 2 点をそれ以外の大きな理由だと述べています。


1 点目は、CPU が全ての時間で「フルクアッドコアモード」で動作するようになったことです。つまり、カーネルのタスクスケジューラーがアプリなどの利用時に発生するプロセスを全ての CPU コアに負荷を分散するように変わったからだそうです。


2 点目は、Qualcomm 製ドライバの機能である “スレッド移行ルーティングブースト” が無効になったことです。従来、スレッドがタスクスケジューラーによってある CPU コアから別の CPU コアに移行を命じられた場合、移行先となる CPU コアは移行元の CPU コアの動作周波数を読み取り、CPU クロック数を合わせるためにブースト処理が起きていました。このブーストにかかる一連の処理が待ち時間となりシステムのラグに繋がっていたものの、機能自体が無効になったことから、待ち時間は無くなった、あるいは減ったというのです。

Source : Google+

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5