Motorola、Android Wearスマートウォッチ新モデル「Moto 360(2nd Gen)」と「Moto 360 Sport」を発表、本日より予約受付を開始

投稿日時 9月 3rd, 2015 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
キーワード: , ,
コメントは受け付けていません。



Motorola は 9 月 2 日、ドイツ・ベルリンで行われた IFA 2015 のプレスカンファレンスで、Android Wear スマートウォッチの新モデル「Moto 360(2nd Gen)」と「Moto 360 Sport」を発表しました。

Moto 360 は既存の Android Wear スマートウォッチの中で最も多く売れた機種らしいので、新モデルにも注目が集まっていました。新モデルも「Moto 360」という名前を採用しており、男性向け(Moto 360 for Men)と女性向け(Moto 360 for Women)、さらに、スポーツ・フィットネス向けの「Moto 360 Sport」(次の図)の 3 タイプで展開されます。



Moto 360 for Men は、ブラックボディの直径 42mm モデル(ディスプレイ直径 35mm)と、シルバーボディの直径 46mm モデル(ディスプレイ直径は 40mm)があります。ディスプレイの解像度はどちらも 360 x 360 ピクセルで、シルバーモデルの方がやや大きいようです。また、ブラックモデルは 20mm バンドに対応しておりバッテリー容量は 300mAh です。一方、シルバーモデルは 22mm バンドに対応しており、バッテリー容量は 400mAh です。ボディカラーによって内部仕様が異なるので、購入する際には注意が必要になります。


Moto 360 for Women は直径 42mm モデルのみ。標準カラーはローズゴールド一色で、ディスプレイサイズは 35mm 360 x 325 ピクセル。16mm バンドに対応しています。


新型 Moto 360 は前作と同様に、円型ディスプレイを採用しており、MotoMaker サイトでリストバンド、ケース、デフォルトウォッチフェイスをカスタマイズできます(基本カラーは、ブラックボディ + 本皮バンド、シルバー + コニャックレザーバンド、ローズゴールドの 3 種類)。


前作からの違いは、側面のボタンが 3 時の方向から 2 時の方向に移動し、本体とリストバンドの固定パーツが外部に露出し、リストバンドを交換しやすくなった点、さらに、豊富なカラバリとリストバンドの種類でカスタマイズ性が向上し、バッテリーの持ちが “最大 1.5 日(42mm モデル) / 2 日(46mm モデル)” に改善されています。


新型 Moto 360 の主要スペックは、液晶ディスプレイ(ゴリラガラス 3)、Snapdragon 400 1.2GHz クアッドコアプロセッサ、512MB RAM、4GB ROM、9 軸センサー(ジャイロ、加速度、コンパス)、光学式の心拍センサー、ライトセンサー、振動モーターを搭載。ワイヤレス通信機能は Wi-Fi b/g、Bluetooth v4.0 に対応。ワイヤレス充電にも対応しています。また、IP67 レベルの防水・防塵にも対応しています。


新型 Moto 360 は本日より海外の Google ストア、Best Buy、Motorola.com で予約受付中です。価格は、ブラックボディが $299、シルバーボディが $349(近日発売)、女性向けが $329 です。Moto 360 Sport の発売スケジュールは後日公開される予定で、まだ予約受付すら行われていません。

ちなみに、日本の Google ストアにも精進ページは掲載されていますが、「お住まいの国では購入できません」と表示されます。


Source : MotorolaGoogle ストア

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5