Huawei Angler(新型Nexus 6)がGFX Benchに登場、5.7インチWQHDディスプレイやSnapdragon 810などを搭載

投稿日時 9月 15th, 2015 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。


Huawei 製の Nexus スマートフォンと考えられている「Huawei Angler」がベンチマークアプリ GFX Bench の公式サイトに登場しました。


早速気になるスペックはというと、Android 6.0(Marshmallow)、5.7 インチ 2,560 x 1,440 ピクセルのディスプレイ、Snapdragon 810 1.9GHz オクタコアプロセッサ(Adreno 430)、2.6GB RAM(仕様上は 3GB ?)、24GB ROM(仕様上は 32GB ?)、背面に 1,100 万画素カメラ(仕様上は 1,200 万画素?)、前面に 700 万画素カメラ(仕様上は 800 万画素?)を搭載しています。


やはり、ディスプレイは噂通り 5.7 インチ WQHD 解像度のようです。プロセッサは Snapdragon 820 や Kirin 950 ではなく、Snapdragon 810 でした。カメラについては 4K 撮影にも対応と認識されています。このほか、気圧センサーや NFC にも対応しており、SIM カードスロットは 1 つと認識されています。

Source : GFX Bench

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5