Xperia X10 mini proの後継モデルの情報と端末写真がリーク、Android 2.3、1GHz Snapdragonを搭載

投稿日時 12月 29th, 2010 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。



Sony Ericsson関連のリーク情報でお馴染みの中国の掲示板IT168にXperia X10 mini/mini proの後継モデルと呼ばれる端末の情報と端末写真がリークされました。

投稿によるとその端末には、Android 2.3(Gingerbread)、3インチディスプレイ、1GHz Snapdragon(GPU:Adreno 205)、スライドキーボード、フロント/リアカメラを搭載しているそうです。

投稿されていた写真では、その端末の概観とQuadrant、NeoCoreベンチマークの結果を知ることができます。Quadrantは1533、NeoCoreは42.5fpsとAndroid 2.2を搭載したNexus Oneよりも高いことが分かります。

端末写真から、現行のXperia X10 mini/mini proとは異なる端末デザインであることが分かります。GPUがAdreno 205ということなので、Desire HDに搭載されているQualcomm MSM8255、myTouch 4Gに搭載されているQualcomm MSM8225でを搭載している可能性が高いと思われます。ちょうどQuadrantテストにおいてNexus Oneとほぼ同じCPU性能であることからQualcommのScorpionコアを搭載した1GHz CPUだと予想できます。

Sony Ericssonは欧州において”Xperia Pぁy”、”Xperia Duo”、”Xperia Neo”、”Xperia Arc”という名称を商標登録申請しています。既にSony Ericssonが開発していると見られるXperia新モデルはプレステ携帯と呼ばれる”Zues”、Xperia X10の後継だと言われる”Anzu”、Sony Ericsson VivazにAndroid 2.3を搭載したような”Hallon”が確認されており、残り1機種となっていたところ今回の情報がリークされました。恐らく残りの一つはこのXperia X10 mini/mini proの後継機のことではないかと予想できます。

Sony Ercissonは2011年2月13日のプレスイベントで複数のXperia新モデルを発表することを告知しており、この時上記の端末と主に発表されるのではないかと予想できます。

Source : IT168、Via : X10 Blog

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5