ラトック、USBストレージをワイヤレスストレージ化するWiDrawerの新モデル「REX-WIFIUSB1F」を発表

投稿日時 10月 9th, 2015 by Jetstream 投稿カテゴリ » 周辺機器・アクセサリー
コメントは受け付けていません。



ラトックシステムが USB 接続のメディア・ストレージを Wi-Fi を利用したワイヤレスストレージに変える WiDrawer シリーズの新モデル「REX-WIFIUSB1F」を発表しました。この製品は 10 月中旬に発売される予定で、現在は同社の公式サイトにて予約受付が行われています。税込価格は 3,280 円です。


REX-WIFIUSB1F はスマートフォンやタブレットから Wi-Fi 経由で USB メモリや USB HDD などの接続ストレージにアクセスできる小型アダプタ。USB 駆動を採用しており、USB チャージャーやモバイルバッテリ、PC 給電で動作します。

ラトックは REX-WIFIUSB1F の発表と同時に、クライアントアプリとなる「WiDrawer」の新バージョン「WiDrawer2」を公開しました。このアプリでは、写真の一括バックアップやフォルダ単位のコピペ、DLNA サーバー機能、ファームウェアアップデート機能を利用できます。

また、REX-WIFIUSB1F は Wi-Fi 接続を切り替えることなく、ネット接続と Wi-Fi ストレージへのアクセスを維持できる「インターネットブリッジ」モードにも対応しています。

アプリの対応機種は、Android 4.0 以上を搭載した端末、iOS 7.0 以上を搭載した iPhone、iPad、iPad Air、iPad mini、iPod touch です。また、WebDAV や Samba(CIFS)、DLNA にも対応しているので、Windows や Mac、Linux からでもアクセスできます。


Source : ラトックシステム

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5