HTCがAndroid 6.0を搭載した新型スマートフォン「HTC One A9」を正式発表、iPhoneっぽいデザインを採用、価格は$399~

投稿日時 10月 21st, 2015 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース, ピックアップ記事
キーワード: , ,
コメントは受け付けていません。



HTC は 10 月 20 日(米国時間)、ニューヨークで行われたオンラインプレスカンファレンスにおいて、HTC One シリーズの新たな主力モデル「HTC One A9」を発表しました。HTC One A9 は 11 月第1週目よりグローバルで発売される予定です(国内発売は未定)。米国では同日より予約受付が行われています。

HTC One A9 は 5 インチの有機 EL ディスプレイを搭載したミッドレンジ~ハイエンドに位置する Android スマートフォン。HTC は発表イベントで HTC One A9 を iPhone から乗り換えるのにベストな端末だと述べ、Apple とガッツリ張り合う姿勢を見せていました。



OS は Nexus 以外では初採用となる Android 6.0 Marshmallow を搭載。しかも、HTC は Nexus にアップデートが配信されるとその 15 日以内に HTC One A9 をアップデートすると約束していました。

HTC One A9 では HTC One M7 から続くフルメタルのユニボディ構造を採用しながらも、側面に丸みをもたせ、背面はフラットな構造に変更。前面のカバーガラスにはエッジを曲げた 2.5D 仕様のゴリラガラス 4 を採用するなど、iPhone っぽいデザインにしています。

筐体サイズは 145.75 x 70.8. x 7.26mm、質量は 143g。HTC One M9 よりも 10g ほど軽量です.カラバリは、Opal Silver、Topaz Gold、Carbon Gray、Deep Garnet の全 4 色。




プロセッサは Qualcomm 最新の「Snapdragon 617」を初採用。これは、64bit に対応した 1.5GHz x 4 + 1.2GHz x 4 のオクタコアプロセッサで、LTE-Advanced(カテゴリ 7)に対応しています。

リアのメインカメラは 1,300 万画素の裏面照射型 CMOS イメージセンサーや F/2.0 のサファイヤクリスタルレンズを採用。光学手ブレ補正に対応しています。前面には 400 万画素の UltraPixel を採用しています。

HTC One A9 では RAW 撮影・現像にも対応したマニュアル撮影機能「Pro モード」とタイムラプス動画を撮影できる「Hyperlapse モード」が追加されました。このほか、撮影可能な動画サイズは最大フル HD で、4K 撮影には対応していません。

オーディオ機能では 24bit / 192KHz のハイレゾ音源の再生に対応しました。また、BoomSound フロントステレオスピーカーはありませんが、内蔵スピーカーはアンプが強化され、Dolby Audio もサポートしています。

このほか、前面の下部には指紋リーダーを搭載。Android 6.0 Marshmallow 端末ということで「Android Sensor Hub」も内蔵しています。USB 端子は Micro USB です。

HTC One A9 の他のスペックは、5.0 インチ 1,920 × 1,080 ピクセルの 有機 EL、2GB / 3GB RAM、16GB / 32GB ROM、Micro SD カードスロット(最大 2TB)、2,150mAh バッテリーを搭載し、Wi-Fi a/b/g/n/ac、Bluetooth v4.2、NFC、DLNA、Miracast などに対応しています。

対応周波数は GSM(850 / 900 / 1800 / 1900MHz)、WCDMA(850 / 900 / 1900 / 2100MHz)、FDD-LTE(B1 / 3 / 5 / 7 / 8 / 20 / 28)、TD-LTE(B38 / 40 / 41)です(HTC One M9 と同じ)。

HTC One A9 の価格は $399.99 ~ です。SIM ロックフリー版はブートローダーをアンロックしても保証は残ります。

Source : HTC

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5

    None Found