BBK、SuperAMOLEDや4GB RAMを搭載した「Vivo X6」「Vivo X6 Plus」を発表

投稿日時 12月 1st, 2015 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。



中国のスマートフォンメーカー 歩歩高(BBK)が Super AMOLED ディスプレイや 4GB RAM などを搭載した新型スマートフォン「Vivo X6」と「Vivo X6 Plus」を中国向けに発表しました。

Vivo X6 は 5.2 インチ 1,920 x 1,080 ピクセルの Super AMOLED ディスプレイを搭載したスタンダードモデルで、Vivo X6 Plus は 5.7 インチ 1,920 x 1,080 ピクセルの Super AMOLED ディスプレイを搭載した大画面モデルです。

どちらも、Android 5.1.1 ベースの Funtouch OS を搭載した Android スマートフォンで、筐体にはアルミユニボディを採用したほか、どの方向に指を置いても認識する指紋リーダーを搭載しています。

スペックはミッドレンジクラスといった内容で、1.7GHz 駆動の 64bit 対応オクタコアプロセッサ、4GB RAM、32GB ROM / 64GB ROM、Micro SD カードスロット、背面に 1,300 万画素カメラ、前面に 800 万画素カメラを搭載。

Vivo X6 のバッテリー容量は 2,400mAh で、筐体サイズは 147.9 × 73.8 × 6.7mm / 135.5g。Vivo X6 Plus には 3,000mAh バッテリーを搭載したモデルと 4,000mAh バッテリーを搭載したモデルがあり、どちらも筐体サイズは 158.4 x 80 x 6.9mm / 171g となっています。

Vivo X6、Vivo X6 Plus は 12 月 7 日に中国で発売される予定です。

Source : Vivo

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5