Console OSは、ほぼAndroid-x86のフォークバージョン

投稿日時 12月 14th, 2015 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
キーワード: ,
コメントは受け付けていません。



デスクトップ PC やノート PC 向けに商用クラスの Android 環境を提供する「Console OS」は実際には Android-x86 に小規模な変更を加えたフォークバージョンであることが判明しました。

Console Inc は近頃、GitHub で Console OS のソースコードを公開し、ソースコードに Android-x86 の主要な部分を流用していることが明らかになりました。

Console OS では、デスクトップ PC の高速な CPU・GPU をフルに活用して Android アプリ・ゲームの動作パフォーマンスを改善したほか、デスクトップ PC やノート PC における一般的な作業でも使いやすいよう様々な改変を施していますが、大部分は Android-x86 だだったようです。

実際には、Android-x86 を Console OS にリネームし、Makefile に Console OS のための改変を実施。また、ホームアプリに CyanogenMod の「Trebuchet」を採用し、いくつか Intel チップセット用ドライバを移植した程度の模様です。

しかし、ソースコードの中では、Android-x86 のコピーライト表記を維持しており、他のフォークバージョンように盗作ではなさそうです。

Source : CNX Software

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5