「XPERIA arc」はANT+に対応済み、ANT+対応の心拍ベルトや歩数計などと接続可能に、X10 mini/mini pro、X8も今年Q1のアプデで対応

投稿日時 1月 7th, 2011 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。



近頃Sony Ericssonは日本では販売されていないXPERIA X10 miniやmini pro、XPERIA X8向けに、ANT+による通信をサポートする機能の提供を発表しました。このアップデート配信は2011年Q1(1月~3月)に行われうのですが、実はこのANT+って昨日正式発表されたXPERIA arcには標準対応されていたんです。(動画で紹介されています)

ANT+といのは、2.4GHz帯の周波数を使ったデジタル無線通信のことで、医療器具やフィットネス、スポーツに仕込まれているセンサーのデータの送受信、機器の管理を行う用途で使われています。私はマラソンや山登りを趣味としてていつもSUUNTOのスポーツ心拍計を使っているのですが、それに付属する心拍ベルト(ハートレートベルト)が実はANT+に対応してて心拍データを時計本体に送信していたりするんです。つまり、そういう広く出回っているANT+に対応した各種機器とXPERIA arcやXPERIA X10 mini、mini pro、XPERIA X8はネイティブに接続可能になるんです。



上図はSUUNTOに付属している心拍ベルトですが、本来ならば専用の時計上に心拍数を表示します。それがXPERIA arcやXPERIA X10 mini、mini pro、XPERIA X8上でも表示可能になるというわけ。GARMIN、SUNNTO、POLARといANT+対応の機器をお持ちのAndroidユーザさんでしたらかなりワクワクしますよね。しかし、肝心なのはアプリです。繋がるといってもそのデータを表示してくれるアプリがなければ意味がなく、ちらっとAndroidマーケットを確認しましたが多くはないみたいです。なので当面の間は期待しない方が良いと思いますが、LiveViewのようにじわじわ面白いアプリが出てくると思うのでXPERIA X10 miniユーザである私は密かに期待しておきます。

動画ではGARMINの心拍ベルトが





Source : Sony Ericsson

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5