MWC 2016 : Sony Mobile、Xperia新シリーズ「Xperia X」「Xperia X Performance」「Xperia XA」を発表、デザインやカメラ、バッテリーにこだわったスーパーミッドレンジモデル

投稿日時 2月 22nd, 2016 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース, ピックアップ記事
コメントは受け付けていません。




Sony Mobile は 2 月 22 日(現地時間)、スペイン・バルセロナで行われた MWC 2016 イベントのプレスカンファレンスで、数年ぶりの Xperia 新シリーズとなる新型スマートフォン「Xpria X」を発表しました。


Xperia X は、次世代の “デザイン”、“カメラ”、“バッテリーテクノロジ” を備えた中 ~ 上位(スーパーミッドレンジ)のスマートフォンシリーズで、特にスタイリッシュなデザインとカラーリングが大きな特徴だと言えます。




今回発表された Xperia X シリーズは、 スタンダードタイプの「Xperia X」、ハイスペックモデルの「Xperia X Performance」、狭額縁なミッドレンジモデルの「Xperia XA」の 3 機種です。どれも 5 インチスマートフォンで、Android 6.0 Marshmallow を搭載。また、シングル SIM とデュアル SIM の 2 種類が提供されます。発売時期は 2016 年夏です。

Xperia X は、5 インチ 1,920 x 1,080 ピクセルの Triluminos 液晶、Snapdragon 650 ヘキサコアプロセッサ、3GB RAM、32GB ROM(シングル SIM) / 64GB ROM(デュアル SIM)、Micro SD、背面に 2,300 万画素、前面に 1,300 万画素カメラ、2,620mAh バッテリーを搭載。

Xperia X Perfomance は、Xperia X のプロセッサを Snapdragon 820 に改装した高速版で、5 インチ 1,920 x 1,080 ピクセルの Triluminos 液晶、Snapdragon 820 Cortex-A72 クアッドコアプロセッサ、3GB RAM、32GB ROM、Micro SD、背面に 2,300 万画素、前面に 1,300 万画素カメラ、2,700mAh バッテリーを搭載。

Xperia XA はスペックよりもデザインや軽さを重視したミッドレンジモデルで、5 インチ 1,280 x 720 ピクセルの液晶、MediaTek Helio P10 MT6755 オクタコアプロセッサ、2GB RAM、16GB ROM、Micro SD、背面に 1,300 万画素(1/3 型 Exmor RS)、前面に 800 万画素カメラ(Exmor R)、2,300mAh バッテリーを搭載。

Xperia X と Xperia X Performance が注目される機種だと思いますが、カメラには 1/2.3 型の Exmor RS を採用しており、新たに Hybrid AF を進化させた「Predictive Hybrid AF」機能を追加しています。

また、フロントカメラには 1/3 型の Exmor RS(F2.0 レンズ)を採用しているので自撮りの性能や画質も良さそうです。

Xperia X シリーズでも Xperia Z シリーズと同様 “2 日持ちバッテリー” を実現していると言われています。Xperia X シリーズでは、STAMINA モードの技術に加えて、Qnovo 社のアダプティブチャージングテクノロジを導入しており、バッテリーの残量に応じて電圧を細かく調整しながら充電することで、バッテリーパックの寿命を延長しています。

このほか、Wi-Fi a/b/g/n/ac、Bluetooth v4.2、NFC、Miracast、Wi-Fi Direct、DLNA、GPS / GLONASS、ハイレゾ音源の再生、デジタルノイズキャンセリング、ClearAudio+、DSEE HX、LDAC、指紋認証などにも対応しています。

更新:フルスペックです

Source : Sony Mobile

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5