Redmi Note 3(Snapdragonモデル)のCyanogenMod 12.1がリリース

投稿日時 4月 4th, 2016 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
キーワード: ,
コメントは受け付けていません。





Xiaomi から今年発売された最新の低価格モデル「Redmi Note 3」の Snapdragon 650 モデルで CyanogenMod 12.1 の移植プロジェクトが開始されました。


Redmi Note 3 には Xiaomi 提供の MIUI がインストールされており、UI 周りはほぼ完全にカスタマイズされています。また、中国メーカー製ということで、Redmi Note 3 の中国モデルのプリインストールアプリの多くは日本語に対応しておらず不要なものばかりです。

CyanogenMod 12.1 は AOSP ベースの Lollipop ROM なので、ROM を入れ替えるとほぼ素の Android が利用できることになります。また、GApps を導入すれば、Google Play などの Google アプリも利用できるようになります。

移植プロジェクトは始まったばかりで、ROM も既に公開されていますが、指紋リーダーを含む一部の機能が利用できない状態です。不完全なので、利用するにはもうしばらく待った方がよいと思います。

Source : XDA

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5