Lenovo、Motorolaの2016年フラッグシップ「Moto Z」と「Moto Z Force」、拡張パーツ「Moto Mods」を発表

投稿日時 6月 10th, 2016 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
キーワード: , , ,
コメントは受け付けていません。




Lenovo は 6 月 9 日、Motorola の 2016 年フラッグシップスマートフォンとなる「Moto Z」と「Moto Z Force」、さらに、「Moto Mods」と呼ばれる拡張パーツシリーズを正式に発表しました。


Moto Z / Z Force は、どちらも 5.5 インチ 2,560 x 1,440 ピクセルの Super AMOLED ディスプレイや Snapdragon 820 2.2GHz クアッドコアプロセッサを搭載したハイエンドモデル。Moto Z は厚さ 5.18mm という超薄型設計を採用したコンパクトモデルで、Moto Z Force は、ディスプレイ、カメラ、バッテリーなどの一部のスペックを強化した上位モデルになります。

Moto Z シリーズの最大の特徴は、「Moto Mods」と呼ばれる外付けパーツでデザインや機能を変更・強化できるとろこでしょう。Moto Mods は強力なマグネットで固定される仕組みで、背面の 16 ピンを介して通電し操作できるようになります。

Moto Mods には、レザーや木材、ファブリックパターンの背面デザインに変える「Style Shells」や JBL ブラアンドの大音量スピーカー「SoundBoost」、プロジェクター「Moto Insta-Share Projector」、22 時間も使用時間を延長するバッテリーモジュール「Power Pack」などが用意されています。





Moto Z はこのほか、4GB LPDDR4 RAM、32GB / 64GB ROM、Micro SD カードスロット、背面に 1,300 万画素カメラ(1.12μm 画素、F/1.8 レンズ、光学手ブレ補正やレーザー AF 対応)、前面に 500 万画素カメラ(F/2.0 レンズ、LED フラッシュ付き)、2,600mAh バッテリーを搭載し、Wi-Fi a/b/g/n/ac、Bluetooth v4.1、NFC に対応。筐体サイズは 153.3 x 75.3 x 5.19mm、質量は 136g です。

Moto Z Force については、4GB LPDDR4 RAM、32GB / 64GB ROM、Micro SD カードスロット、背面に 2,100 万画素カメラ(1.12μm 画素、F/1.8 レンズ、光学手ブレ補正やレーザー AF 対応)、前面に 500 万画素カメラ(F/2.2 レンズ、LED フラッシュ付き)、3,500mAh バッテリーを搭載し、Wi-Fi a/b/g/n/ac、Bluetooth v4.1、NFC に対応。筐体サイズは 155.9 x 75.8 x 6.99mm、質量は 163g です。

どちらも、Android 6.0.1 Marshmallow で発売されるほか、PC データ通信や充電に USB Type-C コネクタを搭載。急速充電機能の「TurboPower」や指紋リーダーも搭載しています。

Moto Z / Z Force は、米 Verizon では「Droid Edition」として今夏に発売されます。グローバル市場では 9 月より発売される予定です。



Source : Motorola

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5