Motorola、Moto Modsが使えるミッドレンジモデル「Moto Z Play」を10月に国内発売

投稿日時 9月 27th, 2016 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
キーワード: ,
コメントは受け付けていません。




Motorola Mobility の日本法人は 9 月 27 日、Moto Z シリーズの廉価モデル「Moto Z Play」の国内発売を発表しました。価格は 58,100 円(税込み)で、10 月中旬に発売される予定です。

Moto Z Play は、同日発表された Moto Z の廉価版になりますが、バッテリー容量が 3,510mAh と大きく、Moto Z よりも長い時間使用できるほか、Moto Z と同様に外付けパーツ「Moto Mods」を利用することもできます。また、3.5mm オーディオジャックも付いているので、イヤホン利用に変換アダプタは不要です。

Moto Z Play の主要スペックは、Android 6.0 Marshmallow、5.5 インチ 1,920 x 1,080 ピクセルの Super AMOLED ディスプレイや Snapdragon 625 2.0GHz オクタコアプロセッサ、3GB RAM、32GB ROM、Micro SD カードスロット、背面に 1,600 万画素カメラ(1.3μm 画素、F/2.0 レンズ、PDAF、レーザー AF 対応)、前面に 500 万画素カメラ(F/2.2・85 度レンズ、LED フラッシュ付き)を搭載しています。

また、Wi-Fi a/b/g/n、Bluetooth v4.0、NFC、GSM、WCDMA(Bands 1 / 2 / 4 / 5 / 6 / 8 / 19)、FDD-LTE(Bands 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 12 / 17 / 19 / 20 / 28)、TD-LTE(Bands 38 / 40 / 41)に対応するほか、デュアル SIM(LTE 同時利用可能)に対応しています。

また、前面にはタッチ式の指紋リーダーを搭載しており、下部の USB コネクタにはリバーシブルな Type-C を採用しています。さらに、TurboPower の急速充電機能に対応しています。

Moto Z Play の筐体サイズは 156.4 x 76.4 x 6.99mm、質量は 165g です。カラバリはブラックとホワイトの 2 色となっています。

Source : Motorola

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5