“Android Extensions”はAndroidの断片化を軽減するものになるか?

投稿日時 11月 9th, 2016 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。




Google が Android 7.0 Nougat から新たに必須化した「Android Extensions」と呼ばれる枠組みが Andoird で長年問題視されている断片化(フラグメンテーション)を軽減する方策になると期待されています。

今朝公開された Android 7.0 版の Compatibility Definition Document(CDD)に「3.1.1. Android Extensions」というセクションが追加されたのですが、この中では Android 7.0 以上の端末は AOSP に導入された共有ライブラリ「ExtShared」と共有サービス「ExtServices」を実装しなければならないことが明記されています。

3.1.1. Android Extensions

Android includes the support of extending the managed APIs while keeping the same API level version. Android device implementations MUST preload the AOSP implementation of both the shared library ExtShared and services ExtServices with versions higher than or equal to the minimum versions allowed per each API level. For example, Android 7.0 device implementations, running API level 24 MUST include at least version 1.



記載内容によると、Android Extensions は API レベルを変更することなく(つまり OS バージョンを変更するこtなく)、利用可能な API を拡張するものとされており、これにより、AOSP の標準機能をサポート外の古い OS バージョンにバックポートできるようになると予想されています。

このことを伝えた Ars Technica は、Android Extensions は AOSP に実装される API が Google Play 開発者サービスのように随時容易にアップデートできるアプリの形で提供されると予想しています。

Source : Ars Technica

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5

    None Found