Snapdragon 835はDisplayPort Altモードに対応、USB Type-Cからの画面出力が可能

投稿日時 3月 11th, 2017 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
キーワード: ,
コメントは受け付けていません。




Qualcomm の最新 SoC「Snapdragon 835」を搭載したスマートフォンでは、USB Type-C を採用している場合、ダイレクトに DisplayPort 経由で対応モニタへの画面出力が行えるようです。

これは、Snapdragon 835 に USB Type-C コネクタを介して DisplayPort による映像出力を可能にした「DisplayPort Alternate Mode(Alt モード)」が組み込まれているからだと説明されています。つまり、Snapdragon 835 はハードウェアレベルで Alt モードに対応しており、端末メーカー側が無効化しない場合にはネイティブな DisplayPort 接続が可能になります。

DisplayPort はテレビやモニタ、プロジェクターを中心に、様々な映像デバイスで採用されている映像出力のインターフェース規格です。今回の Alt モードでは標準的な USB Type-C コネクタとケーブルを使用して、DisplayPort A/V 信号を伝送でき、電力供給も可能です。

同時にデータ転送も可能なので、通常の画面出力だけではなく、ドッキングステーションを利用してスマートフォンをデスクトップ PC として使用する用途の普及にも期待されています。




Source : ARMDevices

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5