Android 7.1を搭載したiPhone用ケースが発売に

投稿日時 3月 14th, 2017 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。
このエントリーをはてなブックマークに追加




世にも珍し Android を搭載した iPhone 用ケース「Eye」が ESI 社によって開発され、Kickstarter のクラウドファンディングを通じて発売されました。


Eye は iPhone ケース型 Android スマートフォンで、OS には Android 7.1 を採用しており、一般的な Android スマートフォンを使用することのほか、iPhone の機能とスペックを Android を一体化することで強化できます。

Eye のディスプレイは画質の良い 5 インチ 1,920 x 1,080 ピクセルの AMOLED を採用しており動画視聴に最適。また、最大 256GB までをサポートした Micro SD カードスロットを搭載しており、Android 経由で iPhone のストレージ容量を拡張できます。

また、Eye 側のディスプレイ内部には Qi コイルが内蔵されており、iPhone のバッテリーをワイヤレス充電できます。さらに、2 つの SIM カードスロットを装備しており、トータル 3 つの電話番号を一台の iPhone で待ち受けることができます。ただ、Eye にスピーカーとマイクはなく、iPhone のマイクとスピーカーで通話します。

Eye と iPhoen は Lightning コネクタを介して接続する仕組みとなっており、Eye 内蔵の 2,800mAh バッテリーは Eye の動作のほか、iPhone 側のバッテリーを充電することも可能です。

Eye には iPhone 6 / 6s / 7 用と、iPhone 6 Plus / 7 Plus の 2 モデルが用意されており、通常価格は $189 ですが、アーリーアダプター向けにはさらに安い価格で販売されています。発送時期は 2017 年 8 ~ 9 月以降です。



Source : Kicksarter

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5