Google、Chrome 57でバックグラウンドタブの消費電寮を大幅に削減

投稿日時 3月 15th, 2017 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
キーワード:
コメントは受け付けていません。
このエントリーをはてなブックマークに追加




PC やスマートフォンを Chrome ブラウザのタブを開き過ぎるとパフォマンスやメモリ空き容量が低下し、バッテリーを多く消費してしまいますが、Google は今週リリースした「Chrome 57」でバックグラウンドで実行しているタブに対する CPU の動作を変更して、バックグラウンドタブによるバッテリーの消費を大幅に抑止しました。


Chrome 57 では 、実行中のアプリが多くの CPU を使用している場合に CPU の割当をスケジューリングするタイマーを調整し、平均 CPU 負荷をコアの 1% 未満に抑える新しいポリシーを適用しました。

これによって、Chrome の消費電力を削減しており、Google によると、従来比 25% もビジー状態になるタブが減少しているとのことです。

タブでは様々な WEB サイトを開きますが、新ポリシーはオーディオ再生や WebSocket・WebRTC を利用したリアルタイム通信を維持しているタブには適用されません。

Source : Google

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5