Xperia 2017年モデルから海外向けモデルで「POBox Plus」が非搭載に

投稿日時 4月 13th, 2017 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース, ピックアップ記事
キーワード: ,
コメントは受け付けていません。
このエントリーをはてなブックマークに追加




Sony Mobile は Xperia 2017 年モデルから海外向けモデルで純正の日本語入力アプリ POBox Plus / POBox Touch を搭載しないようにしたようです。

Xperia XA1 の香港モデルを最近入手したのですが、キーボードの設定メニューを見てみると、Xperia XZ までの海外モデルには必ずプリインストールされていた POBox Plus が無くなっていました。

Xperia XA1 にプリインストールされているのは、「Swiftkey」「中国語キーボード」「Google 音声入力」の 3 つで、Xperia キーボードもありません。

Xperia キーボードは Google Play ストアからダウンロードできますが、POBox Plus は公開されていないので、Xperia XA1 では利用できないことになります。

SwiftyKey でもローマ字入力で日本語を入力することはできますが、フリック入力に対応しておらず、海外モデルで日本語のフリック入力を利用したい場合には Google 日本語入力や ATOK、Simeji、flick、Arte などのアプリをインストールする必要があります。

他国で発売された Xperia XA1 の状況は未確認なので、モデルによってはプリインストールされている可能性はあります。

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5