Galaxy Cシリーズの新モデル「SM-C9008」「SM-C7018」「SM-C5018」が中国で認証を取得

投稿日時 4月 15th, 2017 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
キーワード: , ,
コメントは受け付けていません。
このエントリーをはてなブックマークに追加





Samsung は、スペック的に Galaxy S シリーズに次ぐグレードとなる「Galaxy C」の 2017 年モデルを開発している模様です。それと見られる 3 機種の型番が中国 工信部の認証を取得しました。

新たに発見されたのは、「SM-C9008」「SM-C7018」「SM-C5018」の 3 機種で、いずれも型番末尾が「8」で終わっています。

こういった型番の付け方は「Galaxy Tab S2」の 2016 年モデルでも行われたので、今回の 3 機種は Galaxy C 2016 年モデルの後継ではなく、改良版といった機種になると考えられます。

いずれも筐体のデザインは Galaxy C 2016 年モデルから変化しておらず、内部スペックが強化されているに留まっています。

SM-C9008 は Galaxy C9 の新板で、6 インチ 1,920 x 1,080 ピクセルのディスプレイ、1.95GHz x4 + 1.4GHz x4 のオクタコアプロセッサ、6GB RAM、64GB / 128GB ROM を搭載しています。

SM-C7018 は Galaxy C7 の新板で、5.7 インチ 1,920 x 1,080 ピクセルのディスプレイ、2.2GHz 駆動のオクタコアプロセッサ、4GB RAM、32GB / 64GB / 128GB ROM を搭載しています。

SM-C5018 は Galaxy C5 の新板で、5.2 インチ 1,920 x 1,080 ピクセルのディスプレイ、2.2GHz 駆動のオクタコアプロセッサ、4GB RAM、32GB / 64GB / 128GB ROM を搭載しています。

Source : TENAA(SM-C9008)(SM-C7018)(SM-C5018

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5