紙ヒコーキをスマートフォンによる操縦に対応したドローンに変える「PowerUp 3.0」が発売

投稿日時 4月 18th, 2017 by Jetstream 投稿カテゴリ » 周辺機器・アクセサリー
キーワード:
コメントは受け付けていません。
このエントリーをはてなブックマークに追加



普通の紙ヒコーキに取り付けるだけでドローンのようにスマートフォンから操縦可能になる Bluetooth モジュール「PowerUp 3.0」が動画ショッピングサイト Discover で発売されました。価格は 5,980 円(税込み、送料込み)です。

PowerUp 3.0 は自作した紙ヒコーキをプロペラで推力を得るラジコン飛行機に変えるモジュール製品です。Bluetooth でスマートフォンとペアリングすると、ドローンのようにスマートフォンアプリで紙ヒコーキを操縦することができます。




紙ヒコーキの形状は本モジュールが装着できる範囲であれば自由に設計可能。ただし、単純な紙ヒコーキとしてまともに飛ばない場合は本モジュールを装着してもまともには飛ばない場合があります。

モジュールのスペックとしては、上空 55mm までの飛行が可能で、バッテリーは Micro USB で充電します。一回のフル充電で飛行できる時間は 10 分前後です。一般的なミニドローンよりも若干長く飛べそうです。

アプリは Android 用と iPhone 用が用意されており、Android の場合は Android 4.3 以上の端末で利用できます。


PowerUp30_2 from Discover on Vimeo.


Source : Discover

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5