2018年のPixel 3の担当はLGでほぼ確定した模様。Pixel 2の一部もLGが製造するとの噂も

投稿日時 5月 11th, 2017 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
キーワード: , ,
コメントは受け付けていません。




Pixel スマートフォンの来年モデルについて、LG が Google から端末の製造を受注する方向で話が進んでいる模様です。Pixel 2 までの製造は HTC が担当するものの、Pixel 3 では HTC から LG に変わるということです。

これは台湾の証券会社が公開した報告書や LG 周辺の業界関係筋が語ったとされる情報を基に聯合ニュースが伝えたことです。Pixel 3 は 2018 年に登場する予定の Google スマートフォンですが、企業間の契約や製品の開発は早期に行われるので、今の時期から Pixel 3 に関する何らかの取り決めが固まっていても不思議ではありません。

2018 年の Pixel 3 の担当が HTC から LG に変わるという話はだいぶ前から伝えられていることなので驚きはありませんが、同紙によると、Pixel 2 でも LG が一部の製造を担当するという。これは新情報と言えます。おそらく、3 モデルあるとされる Pixel 3 のどれか一つ(“Taimen” とか?)を LG が担当するということではないでしょか。

製造の担当企業が HTC から LG に変わることになった真相は分かりません。あくまでも予測ベースの話だと、こうなった主な理由は Google が在庫を安定的に確保できるようにしたいからです。

Pixel は年間ベースで 500 万台規模の販売を見込み、Pixel 2 ではさらに増えると予想されています。今の HTC では Pixel の時のように発売直後の重要な時期に思うように在庫を確保できないことからこのような見方が伝えられています。

これとは別に、Google は LG に対して OLED パネルの製造ライン拡充に 1 兆ウォン規模の資金を提供することで協議を進めている情報も伝えられています。Pixel 3 を LG が担当するのは HTC 云々という以前に決まっていた話なのかもしれません。

Source : 聯合ニュース

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5