ZenFone 4とZenFone 3のデザインを実機で比較

投稿日時 8月 22nd, 2017 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
キーワード:
コメントは受け付けていません。




先週、海外で発表されすぐに発売された ASUS の新型スマートフォン「ZenFone 4 ZE554KL」を入手したので、前のモデルとなる ZenFone 3 ZE552KL とデザインを比較してみました。

ZenFone 4 のデザインは、ASUS が公開したプレス画像を見ても分かるように ZenFone 3 に似ています。航空機グレードのアルミ合金を使用した高強度のシャシーを 2.5D 仕様のガラスパネルでサンドウィッチした構造です。

基本的な構造は ZenFone 3 から変わっていませんが、実機を見比べてみると、上下左右のエッジ部分の丸みが減っていることに気づきます。この点が大きな違いだといえるでしょう。そのため、本体の横幅が ZenFone 3 から若干スリムになり、その分、グリップ感が向上しています。




背面もガラスパネル仕様なのでフラットな手触り。ガラスパネルとフレームの継ぎ目を見ると、ZenFone 3 にあったシルバーの縁取りが ZenFone 4 で無くなり、見た目はよりシンプルになりました。




また、ガラスパネルがカメラレンズを兼用しており、ZenFone 3 の難点だったリアカメラの突起が無くなっています。




ZenFone 4 で操作ボタンの仕組みが少し変わりました。中央の凹んだ部分はホームボタンと指紋リーダーとなっており、背面から指紋リーダーが削除されています。ボタンはいずれもタッチセンサー式のままで、タッチバイブの振動パターンも ZenFone 3 とほぼ同じです。




電源ボタンとボリュームボタンは ZenFone 3 と同じように右側面にあります。ボタンのストロークはわずかに短くなりましたが、押し心地はほとんど変わっていません。




SIM カードスロットと Micro SD カードスロットは本体左側面にあります。ZenFone 4 はデュアル SIM スマートフォンですが、カードスロットは 2
つしかなく、片方の SIM トレイは Micro SD カードと兼用です。



Source : 町のお店

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5