Pixel 2 / Pixel 2 XLのActive Edgeは起動するアプリを変更できない — Button Mapperで対処可能

投稿日時 10月 20th, 2017 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
キーワード: , ,
コメントは受け付けていません。




Google Pixel 2 / Pixel 2 XL を握るジェスチャー機能「Active Edge」が現時点で起動アプリを変更できないことが分かりました。

Pixel 2 たちは HTC U11 のように、端末を握るだけでアプリを起動したり、操作することができます。Pixel 2 たちの場合は通常、Google アシスタントが起動するほか、アラームの鳴動を止めたり、カメラを起動中は自撮りのシャッターを切ることもできます。

HTC U11 が発売後のソフトウェアアップデートを通じて、起動内容をカスタマイズできるようになったことを考ええると、Pixel 2 たちがカスタマイズできないことは非常に残念です。

XDA での調査によると、Pixel 2 / Pixel 2 XL の Active Edge は Google アシスタントがデフォルトのアシスタントアプリに設定されている場合に限り、握るジェスチャーが有効になります。つまり、デフォルトのアシスタントアプリを別のアプリに変更すると、握ってもなにも反応しないということです。

その後の調査で Pixel 2 / Pixel 2 XL の設定メニュー上で Active Edge で起動するアプリを変更することは現状不可能であることが分かりました。

それでも回避作はあります。それは「Button Mapper」アプリを利用することです。Button Mapper は端末上のボタンに割当られている機能を変更するアプリで、最新の v0.53 は Active Edge をサポートしています。

Button Mapper は端末のアクセシビリティ機能を利用してボタンの割当を再マップします。アプリの「Active Edge」セクションでボタンの機能を別の内容に変更することができます。

Source : XDA

Button Mapper」(Google Play)

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5