ZenFone Max Plus(M1)は日本に来そう、操作ボタンはオンスクリーンタイプに変更

投稿日時 12月 18th, 2017 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
キーワード: ,
コメントは受け付けていません。



最近ロシアで発表された ASUS スマートフォンの新シリーズ「ZenFone Max Plus(M1)」が来年 1 月に台湾などロシア以外でも発売され、さらに日本にも投入可能な B バージョンが存在することも分かりました。

ZenFone Max Plus(M1)は 5.7-インチでアスペクト比 18:9 の縦長ディスプレイを搭載したこれまでの ASUS スマートフォンには無いデザインのスマートフォンで、解像度やメモリ容量、対応周波数などによって少なくとも 4 モデルが存在します。

ディスプレイは 1,440 x 720 ピクセルの HD+ と 2,160 x 1,440 ピクセルの FHD+ で、メモリ容量は 3GB / 4GB RAM、内蔵ストレージは 32GB / 64GB ROM を搭載しています。

ZenFone Max Plus(M1)には対応周波数によって A / B / C / D の 4 バージョンが存在しており、このうち B バージョンは FOMA プラスエリアや NTT ドコモの LTE をフルサポートするなど、現在国内で販売されている ZenFone 4 とほぼ同じ周波数帯をサポートしています。ZenFone Max Plus(M1)は日本に来る可能性が高いということです。

ASUS の台湾法人によると、台湾では 2018 年 1 月に現地で発売される予定です。おそらくそれ以降に日本でも発売されると思います。




ちなみに、ZenFone Max Plus(M1)は既存モデルと大きく異なり、ナビゲーションボタンがオンスクリーンタイプになっています。これはかなりの驚きです。




Source : ASUSePrice

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5