世界中で使われているAndroidのバージョン別シェア(2018年2月)、Nougatが全体のトップに、Oreoは1.1%

投稿日時 2月 6th, 2018 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。



Google は 2 月 6 日、Android OS のバージョン別シェアを 2018 年 2 月分に更新しました。

2 月のシェアは、1 位が Nougat 28.5%(前回 26.3%)、2 位が Marshmallow 28.1%(前回 28.6%)、3 位が Lollipop 24.6%(前回 25.1%)、4 位が KitKat 12.0%(前回 12.8%)、5 位が Jelly Bean 5.0%(前回 5.6%)、6 位 が Oreo 1.1%(前回 0.7%)、7 位が Ice Cream Sandwich 0.4%(前回 0.5%)、8 位が Gingerbread 0.3%(前回 0.4%)という結果でした。

今回で全体のトップが Marshmallow から Nougat に交代となりました。Nougat は最初にリリースされて 1 年 3 ヶ月を経てようやくトップに立ったことになります。また Nougat のシェア増加の勢いはまだまだ止まらないようなので、次回は 30% を超え、最終的にシェアは 40% 近くまで伸びると予想されます。最も普及した OS バージョンの一つとも言えそうです。

最新バージョン Oreo のシェアはまだ 1.1% ほどなので、今後もしばらくは Nougat、Marshmallow、Lollipop の 3 バージョンが全体の大半を占める構図を保ちそうです。

Source : Android Developers

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5