デュアルカメラ復活 HTCの2018年フラッグシップ「HTC U12+」が正式発表

投稿日時 5月 23rd, 2018 by juggly 投稿カテゴリ » ピックアップ記事
キーワード: ,
コメントは受け付けていません。



HTC は 5 月 23 日、2018 年のフラッグシップスマートフォン「HTC U12+」を正式に発表しました。


HTC U12+ は、昨年発売された HTCU11+ の後継モデルで、前作と同様に 6 インチ 2,880 x 1,440 ピクセルの 18:9 ディスプレイを搭載していますが、液晶は Super LCD 6 にグレードアップし、HDR10 の HDR 再生に対応。ディスプレイは DCI-P3 と sRG のカラープロファイルもサポートしています。

HTC U12+ の最大の特徴はリアカメラがデュアル構成に変わった点でしょう。メインカメラはワイドアングルレンズを持つ 1,200 万画素の UltraPixel 4(1.4μm、F1.75)で、サブに望遠レンズを持つ 1,600 万画素を搭載しています。HTC U12+ では 1.85 倍の光学ズームが可能です。

PDAF とレーザー AF を組み合わせた UltraSpeed AF はバージョン 2 に進化し、HDR Boost 2 や背景ぼかし、AR ステッカー機能も新たに追加されました。また、前面にはデュアルの 800 万画素カメラを搭載しており、フロントカメラでも背景ぼかしや AR ステッカーを利用できます。




動画モードでは 4K @ 60fps での動画撮影に対応し、4K で撮影中には 800 万画素の静止画を撮影できるようになりました。また、96kHz / 24bit の高音質録音や、4 つのマイクを利用したオーディオのズーム機能や 3D オーディオ録音機能も継続して利用できます。残念ながらスローモーションは 240fps(1080p)までしかサポートしていません。

プロセッサはもちろん Snapdragon 845 で、、下り最大 1.2Gbps の LTE Cat 18 やデュアル VoLTE をサポートしています。RAM は 6GB、ROM は 64GB、Micro SD もサポートしています。

バッテリー容量は 3,420mAh で、USB 3.1 Gen1 準拠の USB Type-C を搭載しています。USB ポートは DisplayPort の画面出力に対応しています。

他にも、Wi-Fi ac や Bluetooth 5、NFC、aptX HD と LDAC のワイヤレスオーディオ(32bit)に対応しています。

OS は Android 8.0 Oreo で、Edge Sense や HTC USonic、HTC BoomSound、HTC Sense Companion も搭載しています。

特出すべき点として、HTC U12+ では感圧対応の新しいタッチボタンを搭載しており、タッチ時の触覚フィードバックも新しくなっているとされています。

HTC U12+ のカラバリは、Translucent Blue、Ceramic Black、Flame Red で、筐体サイズは 156.6 x 73.9 x 8.7~9.7mm、質量は 188g です。

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5