Xiaomi、コンパクトになった「Redmi 6」「Redmi 6A」を発表

投稿日時 6月 13th, 2018 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
キーワード: , ,
コメントは受け付けていません。



Xiaomi は 6 月 12 日、低価格スマートフォン「Redmi」シリーズの新モデル「Redmi 6」と「Redmi 6A」を発表しました。

Redmi 6/6A は、昨年の冬に発売された Redmi 5 シリーズの後継となる製品シリーズで、両モデルともほぼ共通のデザインを採用しており、5.45 インチ(1,440 x 720 ピクセル)の 18:9 ディスプレイや MediaTek の 12nm プロセッサを搭載しています。

前作 Redmi 5 と比較すると Redmi 6 / 6A は小型化しており、Xiaomi 曰く、「5 インチ 16:9 スマホと筐体サイズはほぼ同じ」です。Xiaomi はまた、AI を活用してカメラをさせている点も Redmi 6/6A の売りとして挙げています。




Redmi 6 はオクタコアの MediaTek Helio P22 を搭載しており、Redmi 6A はクアッドコアの MediaTek Helio A22 を搭載しています。違いはこれだけなく、Redmi 6 は Redmi シリーズとしては珍しく、背面に 1,200 万画素 + 500 万画素のダブルレンズカメラを搭載しています。Redmi 6A のリアカメラは 1,200 万画素のシングル構成です。

Redmi 6 はリアカメラのスペックが高いので、フォーカス性能やホワイトバランスの調節、低照度時の明るさといった画質そのものが Redmi 6A より優れているはず。また、どちらも AI によるシーン検出機能、美顔エフェクト、ポートレートモードに対応しており、500 万画素のフロントカメラでもポートレートモードは可能となっています。

バッテリー容量は 3,000mAh で、USB コネクタは依然として Micro USB を採用しています

Redmi 6 には 3GB RAM + 32GB ROM モデルと 4GB rAM + 64GB ROM モデルが存在しており、価格は 799 元 ~です。また、Redmi 6A は 2GB RAM + 16GB ROM モデルのみ用意されており、価格は 599 元です。

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5