Apple、「iPhone Xs」「iPhone Xs Max「iPhone XR」を正式発表

投稿日時 9月 13th, 2018 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。



Apple は 9 月 13 日、今年の新しい iPhone として「iPhone Xs」、「iPhone Xs Max」、そして「iPhone XR」を正式に発表しました。iPhone Xs / Xs Max は 9 月 21 日に発売される予定で、9 月 14 日に予約受付が始まります。価格は 112,800 円 + 税~ / 124,800 円 + 税~です。また、iPhone XR の発売日は 10 月 26 日で、10 月 19 日に予約受付が始まります。

iPhone Xs と Xs Max はディスプレイサイズの異なるいわば兄弟機で、新しい iPhone の中では主力モデルとなります。iPhone XR は 6.1 インチ(1,792 x 828ピクセル)のディスプレイを搭載した新世代 iPhone の廉価版といった機種になりますが、画面サイズは iPhone Xs と iPhone Xs Max の中間で、カラバリも主力モデルがゴールド、スペースグレイ、シルバーの 3 色に対して、iPhone XR のカラバリは PRODUCT RED、イエロー、ホワイト、コーラル、ブラック、ブルーと豊富です。

iPhone Xs と Xs Max のディスプレイサイズは、iPhone Xs が 5.8 インチ(2,436 x 1,125 ピクセル)、iPhone Xs Max が 6.5 インチ(2,688 x 1,242 ピクセル)で、どちらも有機 EL パネルとノッチ付きのフルスクリーンデザインを採用。HDR の動画再生にも対応しています。

iPhone XR のディスプレイは IPS 液晶です。コントラストは  iPhone Xs/Xs Max よりも少し劣り、HDR 動画再生にも対応していませんが、ディスプレイに関する他のスペックは殆ど共通しています。




3 機種とも新しいニューラルエンジンを搭載した新チップ「A12 Bionic」や IEC 規格 60529 にに基づく IP68 に対応。iPhone Xs / Xs Max はどちらもリアにデュアル 1,200 万画素カメラを搭載しており、被写界深度エフェクトやライティングエフェクト、光学 2 倍ズーム(デジタル 6 倍)、4K(24fs / 30fsp / 60fps)の動画撮影等に対応しています。

iPhone XR のリアカメラは 1,200 万画素のシングル構成なので機能は若干制限されますが、ポートレートモードやポートレートライティングを含む殆どのカメラ機能を利用することができます。

また、3 機種とも前面のノッチ部分 700 万画素の TrueDepth カメラを搭載しており、ポートレートモードやポートレートライティング、アニ文字・ミー文字といった様々なカメラ機能の他に、Face ID を使用することもできます。もちろん Face ID を使用した支払いも可能です。

ストレージラインアップは、iPhone Xs / Xs Max が 64GB / 256GB / 512GB で、iPhone XR が 64GB / 128GB / 256GB です。

バッテリーの持続時間(インターネット利用時間)は、iPhone Xs が最大 12 時間、iPhone Xs Max が最大 13 時間、iPhone XR が最大 15 時間となっています。iPhone Xs / Xs Max は iPhone X 比で 30 分 / 1.5 時間延長しており、iPhone XR については iPhone 8 Plus から 1.5 時間延長していると言われています。

この 3 機種は上記の他にも、2×2 MIMO の Wi-Fi ac や Bluetooth 5、リーダーモード対応の NFC、FeliCa、Qi ワイヤレス充電等に対応しています。

最後に 3 機種の筐体サイズ・質量をまとめておきます。

iPhone Xs : 143.6 x 70.9 x 7.7mm / 177g
iPhone Xs Max : 157.5 x 77.4 x 7.7mm / 208g
iPhone XR : 150.9 x 75.7 x 8.3mm / 194g

Source : Apple

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5