スマホに保護ケースは着けないけどカメラが擦れないか気になる場合のおすすめDIY

投稿日時 9月 18th, 2018 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
キーワード: ,
コメントは受け付けていません。



「スマートフォンは裸の状態が一番扱いやすいので保護ケースなんて使わないけど、デスクやテーブルに端末を置いた時にカメラのレンズが擦れないか気になる」とお考えの方におすすめ DIY がございます。それはシールタイプのボタン用のゴムポッチを貼り付けることです。

時々、ボタンにゴムの突起物が付いたリモコンやコントローラーを見かけますよね。それらに使用されているゴムのポッチをスマートフォンの背面に貼り付けて地面に置いた際に少し浮かせるということです。これはシールがよく粘着するガラスパネルの端末で有効だと思います。




ゴムポッチをカメラ付近の 2 箇所に貼れば上図のように少し地面から浮きます。しかも(貼り付ける位置を工夫すれば)端末を持った時でもゴムポッチは邪魔になりません。たぶんこれで悩みは解決すると思います。

当然のことながら、ゴムポッチを使用した方法にもデメリットはあります。例えば、突起の部分が何かに引っかかって外れやすいことだったり、突起が邪魔してポケットにスッと入らないことです。ただ、市販のゴムポッチというのは複数個をセットにした商品が多く、値段も数百円からとリーズナブル。たぶん失くしてもそれほど大きなショックは感じないと思います。


関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5