Android版「ホークスチケットアプリ」の入場方式が電子スタンプ式からQRコード式に変更

投稿日時 1月 26th, 2019 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。



福岡ソフトバンクホークスの試合チケットを購入・使用できる Android アプリ「ホークスチケットアプリ」を使った入場方式が、従来の電子スタンプをスマホ画面に捺印する方式から QR コードをゲートの機械にかざす方式に変更となりました。1 月 21 日にリリースされた最新版でこれが可能となっています。

これまで、ホークスチケットアプリで購入した「タカチケット」を使ってヤフオクドームに入場する際には、各ゲートの端にしか設けられていないタカチケット専用ゲートに入ってスマホ画面を係員に提示し、電子スタンプを捺印してもらう必要がありました。

この電子スタンプ方式はチケットレスでドームに入場できるので便利なのですが、ドーム通いをしていると専用ゲートを探して潜り込むのに苦労したり、電子スタンプの捺印にゲートで立ち止まることがあり、なんだかんだで紙チケットの方が楽でした。

今回のアップデートによってチケットレスなのは変わりませんが、タカチケットの画面(マイチケット)に QR コードが表示されるようになり、紙のチケットと同じゲートで入場できるようになったのです。この時、スマホ画面をゲートの機械にかざすだけで入場することができます。

ただ、複数枚のチケットを代表者のスマホで一括して提示する場合(分配しない時)の対応内容が気になります。電子スタンプの場合は、スタッフが直接対応するので一括してチケットを提示した場合にチケットを見せなかった同行者には別途引換券を配っていましたが、QR コード方式でもこれと同じ流れで対応するのかどうか、詳細は実際に入場してみないと分かりません。

ちなみに、ホークスチケットアプリでは 1 月 20 日より 2019 年オープン戦のチケット購入が可能となっています。

ホークスチケットアプリ」(Google Play)

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5

    None Found