PayPay、公共料金の請求書払いに対応開始

投稿日時 9月 2nd, 2019 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
キーワード:
コメントは受け付けていません。



スマートフォン決済の「PayPay」サービスが本日 9 月 2 日より公共料金の請求書払いに対応を開始しました。まずは、東京ガス、東京電力、東京都水道局、広島ガス、中国電力、九州電力が新サービスに対応しており、9 月 30 日には対応事業者が増える予定です。

新たに始まった「PayPay 請求書払い」はコンビニ払いのはがき等に記載されている払い込み用のバーコードを PayPay アプリでスキャンすることで、公共用金等の請求額を支払うことのできるサービスです。

「公共料金はコンビニ払いにしているけど、なかなかコンビニへ払いに行けなくて滞納してしまった」といった経験はありませんか? PayPay 請求書払いならアプリと請求書が手元にあればいつでもどこでも支払うことができるので、期限切れで滞納した、滞納が続いてサービス停止したといった面倒な事態を避けることができます。また、PayPay で支払うと請求額の 0.5% 分が戻ってくるという特典も付いており、PayPay で支払うメリットはそれなりにあると思います。

PayPay アプリの最新バージョンにはトップ画面に「請求書払い」という新しいボタンが表示されるようになっており、そのボタンをタップするとカメラスキャンが始まります。スマホをバーコードにかざして「支払う」ボタンをタップするだけで公共料金等の請求額を支払うことができます。

なお、9 月 30 日からは Yahoo! マネーで既に対応している約 300 の地方自治体や事業者からの請求も PayPay で払えるようになる予定です。

Source : PayPay

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5