PayPayなどキャッシュレスで自販機のジュースを購入できる「Coke On Pay」を紹介

投稿日時 2月 18th, 2020 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。



コカ・コーラの自動販売機では PayPay や LINEPay、クレジットカードを使ってジュースや飲み物をキャッシュレス決済で購入できる「Coke On Pay」機能の導入が進んでおり、キャッシュレス決済で商品を購入するとスタンプは貯まるし決済サービス独自のボーナスも付与されるなどダブルでお得です。本記事では Coke On Pay の使い方をご紹介します。

Coke On Pay は次の写真のステッカーが貼られた「スマホ自販機」において利用可能なキャッシュレス決済サービスです。支払い元には PayPay、LINE Pay のコード決済やクレジットカード・デビットカードを設定することがででき、スマホを自販機に近づけて、「Coke On」アプリを数回タップするだけで現金を投入することなく自販機の商品を購入できます。



Coke On Pay では小銭やお札を投入しなくていいのはもちろんのこと、自販機のボタンを押すこともなく商品を購入できます。けっこう手軽です。

スマホ自販機には Bluetooth 通信機能が組み込まれていて、スマホを自販機の「販売中」ランプに近づけると Bluetooth で繋がり、Coke On アプリで操作可能になるという仕組みです。Coke On アプリの「Coke On Pay」ボタンをタップすると Coke On Pay 支払いモードに入り商品を選択できるようになります。



商品の選択は、画像の中から欲しい飲み物を選んでその商品画像をスマホ画面の上にスワイプします。これで決済処理が実行され、自動的に自販機からガタッと飲み物が出てきます。



私は PayPay を支払い元に設定しています。PayPay の場合は今なら期間限定で 40% 分の PayPay ボーナスが還元されます。もちろん購入時には Coke On のスタンプも同時に付与されます。



Coke On Pay の操作は単純なので、スマホユーザーなら誰でもすぐに使い慣れるとは思いますが、実際に使ってみると、Bluetooth の接続完了までに 10~20 秒の待ち時間が生じたり、途中で通信が途切れて困惑したり、アプリの画像だと商品が見づらく選ぶのに時間がかかるなど、従来の方法ではまず起きないトラブルにも直面することもあり、多少の「慣れ」が必要です。

Coke On」(Google Play)

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5