今後Wear OSにもSpO2や生理周期の検出・トラッキング機能が追加されるかも

投稿日時 3月 12th, 2020 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
キーワード: ,
コメントは受け付けていません。



Google はスマートウォッチ向けの Wear OS に、SpO2(血中酸素飽和度)や女性の生理周期など主に人の健康に関する新しい測定・トラッキング・アラート機能を導入するか否かを検討しているようです。

というのも、Google は Google ユーザーエクスペリエンスリサーチプログラムへの参加者に対して Wear OS に関するアンケート調査を実施しており、その質問内容から上記のような機能の導入を検討しているのではないかと予想されています。

アンケートの中で言及されている機能は上記の他にも次のようなものがあります。あくまでも予想されているだけのことですので、どの機能が採用されていつリリースされるのかなどの具体的な情報は分かっていませんが、昨年買収した Fitbit の技術はその多くが Wear OS デバイスにとって必要なものばかりですから、Wear OS の健康管理やフィットネスに関係する部分を強化していくつもりであることは明らかです。なので期待はしていいと思います。

・睡眠時の無呼吸状態を監視し、異常が検出されたらアラートやアドバイスを提供する機能。

・睡眠の質を分析して眠れない理由や睡眠の改善方法をアドバイスする機能。

・心拍数を監視して不規則な心拍パターンが検出されたらアラートを出す心拍アラート。

・トレーニング開始の自動検出機能。

・トレーニング内容の自動判別機能(腕立てや腹筋運動など)。

・アクティビティログの記録。

・ストレスレベルの測定とトラッキング機能。

・トレーニング間で疲労回復に必要な時間を測定する機能。

・血糖値・血圧モニター等の医療機器とのペアリング機能。

・食品カロリーのモニタリング。

Source : Droid Life

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5