厚生労働省、「接触確認アプリ」をリリース

投稿日時 6月 20th, 2020 by juggly 投稿カテゴリ » Androidアプリ
キーワード:
コメントは受け付けていません。



厚生労働省が新型コロナウイルス感染症の検査で陽性と判定された方との接触の可能性をスマートフォンに通知する「接触確認アプリ」を Google Play ストアにリリースしました。iOS 版も同時にリリースされています。

「接触確認アプリ」はスマートフォンの Bluetooth 機能を利用して陽性者との接触の可能性を確認したり通知するアプリです。

検索を受けていない、もしくは検査で陰性だった方はアプリをスマートフォンにインストールして初期のセットアプを済ませればあとは放置で OK。アプリには手動で接触の可能性を確認する機能もあります。

検査を受けて陽性の判定が出た方はアプリ内の「陽性情報の登録」から「新型コロナウイルス感染症者等情報把握・管理支援システム()HER-SYS」より発行された処理番号を入力して登録すると、過去 14 日間に接触したアプリユーザーのスマートフォンへ匿名での情報が通知されます。もちろん、氏名や連絡先などの個人情報は通知されないので安心していいと思います。

本サービスを利用する上で一番注意しなければならないのがスマートフォンに届く通知の意味です。詳細はアプリページに記載されているので要点をまとめます。

まず、陽性者との接触の可能性は Bluetooth 通信を基づき、1m 以内もしくは 15 分以上の接近によって出されます。しかし実際にスマートフォンに届く通知というのは、定期的にサーバへ接触情報の確認しに行った時に陽性登録したアプリユーザーの接触符号とそれ以外のユーザーの接触符号が一致した場合にプッシュ通知される仕組みなので、仮に通知が届いた時に周辺に人がいても、その中の誰かが陽性登録者だったということにはなりません。実際の接触と通知の届くタイミングには時間差が生じるので、班員探しのゆなマネはしても意味ないと思います。アプリはこうした部分においてもプライバシーに配慮した作りとなっています。

接触確認アプリ」(Google Play)

Source : 厚生労働省

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5