OPPO、国内向けにコスパの良い「OPPO Reno3 A」を発売

投稿日時 6月 30th, 2020 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
キーワード: ,
コメントは受け付けていません。



中国のスマートフォンメーカー OPPO が国内向けにコスパの良い新型スマートフォン「OPPO Reno3 A」を発売しました。

OPPO Reno3 A は、OPPO スマホ 2020 年モデルの主力の一角をなす「Reno3」シリーズの一つで、39,800 円という手頃な価格なのに、AMOLED ディスプレイや 6GB RAM + 128GB ROM、4 カメラを搭載するなど、価格以上のスペックを有した一台だと言えます。

OPPO Reno3 A の外見は水滴型のノッチを持つフルスクリーンデザインを採用しており、ディスプレイは 6.44 インチ(2,400 x 1,080)と大きめなのですが、本体の厚さは 8.2mm、横幅は 74.1mm、質量は 175g と比較的スリムで軽量です。バッテリーは 4,025mAh と十分な容量があります。ちなみに、ディスプレイには指紋リーダーが内蔵されており、画面タッチで指紋認証を済ませられます。

また、OPPO Reno3 A は IP68 準拠の防水・防塵、おサイフケータイやデュアル SIM(DSDV)をサポートするなど、日常生活において便利な機能も搭載しています。OS は Android 10 ベースの Color OS 7.1 を搭載しています。

OPPO Reno3 A の搭載プロセッサは Pixel 3a シリーズと同じ Snapdragon 665 なので、性能的には一年前のミッドレンジモデル並みです。

OPPO Reno3 A のリアカメラは 4,800 万画素のメインカメラに加え、800 万画素の超広角カメラ、200 万画素のモノクロカメラ、200 万画素のポートレートカメラを搭載。前面には 1,600 万画素のカメラを搭載しています。

OPPO Reno3 A は全体的に見てコスパの良いスマートフォンだと思います。

訂正:OPPO の事業内容を訂正しました。

Source : Amazon.co.jp

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5