Sony Mobile、120Hzディスプレイや4K HDR 120fps撮影をサポートした「Xperia 5 II」を発表

投稿日時 9月 19th, 2020 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
キーワード: , ,
コメントは受け付けていません。



Sony Mobile が 2020 年後半の新しいフラッグシップスマートフォン「Xperia 5 II」を発表しました。Sony の発表によると、Xperia 5 II はもちろん日本でも発売されます。

Xperia 5 II は昨年秋に投入された Xperia 5 の後継モデルで、Snapdragon 865 プロセッサを搭載しており、前作よりも性能が向上していますし、5G もサポートしました。

この機種の特徴としては、Xperia シリーズで初めて 120Hz の画面リフレッシュレート、動きの速い物体のモーションブラーを軽減する 240Hz の残像軽減処理、タッチレスポンスを向上させる 240Hz のタッチサンプリングレートをサポートしており、アプリの操作が滑らかになりましたし、フレームレートの高いゲームにも対応するので遊びの幅が広がります。

また、リアカメラでは 4K HDR 120fps という高い解像度のスローモーション動画を撮影できるようになったのも Xperia シリーズで初めてのことです。

Xperia 5 II のディスプレイは 6.1 イン FHD+(2,520 x 1,080) 21:9 シネマワイド HDR OLED で、DCI-P3 の 100% をカバーする色域、HDR10 をサポートしているので BT.2020 の色域プロファイルもサポートしています。

Xperia 5 II の新しいトリプルレンズカメラは F1.7 24mm 1,200 万画素(1/1.7 型)をメインカメラに、70mm の商店距離で撮影できる 1,200 万画素(1/3.4 型)の望遠カメラ、16mm の商店距離で撮影できる超広角の 1,200 万画素 1,200 万画素(1/2.55 型)で構成されており、HDR 動画を最大 4K@120fps で収録できるようになりました。フロントカメラは F2.0 800 万画素です。

カメラは Xperia 1 II と同様に ZEISS とコラボレーションして設計されたもので、リアルタイムの瞳 AFや CineAlta の Cinematography Pro 機能や DNG 形式の RAW 撮影機能、5 軸手ブレ補正のインテリジェントアクティブモードをサポートしています。

OS は Android 10 を採用しており、メモリは 8GB RAM + 128GB ROM という構成です。Micro SD スロットもあります。バッテリー容量は 4,000mAh。

また、USB 3.1 準拠の Type-C コネクタや 3.5mm オーディオジャック、指紋リーダーなども搭載しており、Wi-Fi ac や Bluetooth 5.1、NFC をサポートしています。

Xperia 5 II の筐体サイズは 158 x 68 x 8 mm、162g で、IP68 レベルの防水・防塵に対応。カラバリは ブルー、グレー、ブラック、ピンクの 4 色となっています。

Source : Sony Mobile

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5