NTTドコモ、ワイヤレス充電対応「AQUOS Phone f SH-13C」を正式発表、防塵・防水にも対応

投稿日時 5月 16th, 2011 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。



NTTドコモは5月16日、同社2011年夏モデル新商品・新サービス発表会にいおて、シャープ製Androidスマートフォン「AQUOS Phone f SH-13C」を発表しました。

AQUOS Phone f SH-12CはAndroidでは珍しいワイヤレス充電に対応した端末(HTC ThunderBoltやLG Revolutionが対応してたりします)。同梱の充電パッド上にSH-13Cを置くだけで充電が始まるというもの。シャープ的には”おくだけ充電”と呼んでるそうです。

国内独自機能としては、おサイフケータイや赤外線通信に対応していますが、ワンセグには対応してません(”ワンセグ要らん”というユーザの声を多々耳にしてましたが、それに応えたものなのでしょうか)。

何気に防塵・防水対応とハイスペックな仕上がり。OSはAndroid 2.3(Gingerbread)です。

ディスプレイサイズは3.7インチ、解像度はqHD(960×540)。

背面には720pHDサイズの動画撮影も可能な800万画素のカメラ(LEDフラッシュ)を搭載。

NTTドコモが6月より開始する予定の下り最大14.4Mbpsに対応。Wi-Fiテザリング(最大5台まで)に対応

カラーラインアップはピンク、ホワイト、ブラックの3色。

発売時期は2011年7月~8月。



AQUOS Phone f SH-13Cのスペック

  • OS:Android 2.3(Gingerbread)
  • TapFlow UI
  • サイズ:117mm(H)×60mm(W)×10.9mm(D)
  • 重さ:約130g
  • ディスプレイサイズ:3.7インチ、解像度960×540(qHD)
  • ディスプレイ:NewモバイルASV液晶、約26万、静電容量式マルチタッチ
  • チップセット:
  • メモリ:
  • ROM:
  • マイクロSD:最大32GBまで
  • メインカメラ:800万画素、カメラフラッシュ搭載
  • サブカメラ:非搭載
  • HSDPA:14.4Mbps
  • HSUPA:5,76Mbps
  • ネットワーク:Wi-Fi b/g/n、Bluetooth 3.0
  • 外部端子類:3.5mmオーディオジャック、マイクロUSB
  • センサー類:加速度、ジャイロ、ライト、近接、デジタルコンパス、GPS
  • バッテリー:
  • 連続待受:430時間(3G)、300時間(GSM)
  • 連続通話:280分(3G)、310分(GSM)
  • spモード:対応
  • ワンセグ:非対応
  • 赤外線通信:対応
  • おサイフケータイ:対応
  • 防水:対応(IPX5/IPX7)
  • 防塵:対応(IP5X)
  • Flash Player:対応(10.1)
  • DLNA:対応
  • ワイヤレス充電対応(ワイヤレス充電パッド標準同梱)※WPC Qi準拠。充電パッドに置くだけで充電可能
  • 発売時期:2011年7月~8月発売予定。
Source : NTTドコモ

    関連する記事一覧

    1週間の人気記事ベスト5