ソフトバンク、回転2軸テンキー搭載折畳み式Androidスマートフォン「AQUOS PHONE THE HYBRID 007SH」を発表、1,610万画素CCDカメラを搭載

投稿日時 5月 20th, 2011 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。



ソフトバンクモバイルは5月20日、2011年夏モデルスマートフォン「AQUOS PHONE THE HYBRID SoftBank 007SH」を発表しました。2011年6月中旬以降発売、2011年6月上旬より予約受付が開始されます。

THE HYBRID 007SHはフィーチャーフォンでお馴染みのテンキーと回転2軸ヒンジを搭載するスウィーベルスタイルのAndroidスマートフォン。OSはAndroid 2.3(Gignerbread)。おサイフケータイやワンセグ、赤外線通信、S!メール、デコレメールといった機能も搭載し、IPX5/IPX7レベルの防水性能とIP5Xレベルの防塵性能を備えています。

メインディスプレイは3Dにも対応した3.4インチNewモバイルASV液晶、解像度はFWVGA(854×480)、メインディスプレイ背面に有機ELの0.7インチのサブディスプレイを搭載。チップセットはQualcomm MSM8255 シングルコア1GHz、RAMは512MB、マイクロHDMI出力端子も搭載しています。

カメラはスマートフォンとしては最高画素数の1,610万画素CCDイメージセンサーを搭載。720p@30fpsのHD動画撮影に対応しています。

テンキーには数字・文字ボタン、通話・終話ボタン、Androidのナビゲーションボタン、方向ボタンが搭載されています。また、ディスプレイ部にはタッチ式ボタン(メニュー、ホーム、戻る)が搭載されています。

THE HYBRID 007SHも緊急地震速報機能を搭載して発売されます。

カラーラインアップはミスティブルー、ボルドー、ホワイト、ブラックの4色。

  • OS:Android 2.3(Gingerbread)
  • サイズ:113mm×51.8mm×19.3mm
  • 重さ:140g
  • ディスプレイサイズ:3.4インチ、FWVGA(854×480)、0.7インチ有機ELのサブディスプレイを搭載
  • ディスプレイ:NewモバイルASV液晶、3D対応、最大6万5千色、静電容量式、マルチタッチ
  • チップセット:Qualcomm MSM8255 1GHz(シングルコア)
  • メモリ:512MB
  • ROM:
  • マイクロSD:32GBまで対応(2GBのマイクロSDカードが付属)
  • メインカメラ:1,610万画素CCD(オートフォーカス)、カメラフラッシュ搭載、720p@30fps動画撮影
  • サブカメラ:
  • 通信方式:GSM(900/1800/1900MHz)、WCDMA(2100MHz)、HSDPA 7.2Mbps、HSUPA 5.76Mbps
  • ネットワーク:Wi-Fi b/g/n、Bluetooth 3.0
  • 外部端子類:3.5mmオーディオジャック、マイクロUSB、HDMI(Type-D)
  • センサー類:加速度、デジタルコンパス、近接、ライト、A-GPS
  • バッテリー:
  • 連続待受時間:約300時間時間(3G)、約240時間(GSM)
  • 連続通話時間:約230分(3G)、約240分(GSM)
  • S!メール:対応
  • デコレメール:対応
  • 緊急地震速報:対応
  • ワンセグ:対応
  • 赤外線通信:対応
  • おサイフケータイ:対応
  • 防水:対応(IPX5/IPX7)
  • 防塵:対応(IP5X)
  • Flash Player:対応(10.1以降)
  • テザリング:非対応
  • カラー:プログレスレッド、ホワイト、ブラック
更新:スペックの一部を訂正しました。

Source : ソフトバンク(プレスリリース)、ソフトバンク(製品情報)

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5