ASUS、Androidスマートフォンとタブレット型ドックで構成される「Padfone」を発表(更新)

投稿日時 5月 30th, 2011 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
キーワード: , ,
コメントは受け付けていません。



ASUSは5月30日、専用のタブレット型ドックと接続できる機能を持つスマートフォンを含む新製品「PadFone」をComputex Taipei 2011前日プレスカンファレンスで発表しました。

PadFoneは4インチディスプレイのAndroidスマートフォンと、10.1インチWXGA(1.280×800)ディスプレイのタブレット型ドックで構成されます。スマートフォンをタブレットドック背面に収納することでスマートフォンの画面をタブレットの画面上にUI・サイズを変えて表示できるそうです。

スマートフォン、タブレットドックそれぞれバッテリーを搭載しており、スマートフォンをタブレットドックに収納することでスマートフォン側のバッテリーを充電できるという。また、スマートフォンの背面には500万画素のカメラ、前面には130万画素のカメラ、タブレットには前面にだけカメラを搭載していますが、スマートフォンを収納した場合、その背面カメラも使用できるという。通信機能については、スマートフォンにSIMカードが搭載されており、タブレットに収納した際、スマートフォン経由で3Gアクセスが可能という。





ASUSによると、Padfoneのスペックはまだ最終決定されていないそうです。そのためか、販売価格や発売時期なども発表されていません。

更新1:非常に魅力的な製品ですが、どのバージョンのAndroid OSを搭載してくるのか気になりますね。EngadgetがASUSのBenson Lin氏の話として伝えているところによると、ASUSはIce Cream Sandwichでの販売を計画しているそうです。Honeycomは搭載できないと付け加えています。この話の通りなら、製品の発売は年末~来年になると予想されます。

更新2:スマートフォン側のOSはAndroid 2.3(Gingerbread)を搭載。タブレット側にもAndroid 3.1(Honeycomb)が搭載されるらしく、スマートフォンを背面に装着するとHoneycombに切替わる仕組みとのこと。年末に公開予定のIce Cream Sandwichにも対応予定とのこと。また、年末頃の発売が予想されているそうです。





Source : EngadgetAndroidOS.in

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5