7月13日(水)より他社の携帯電話とSMSの送受信が可能に(更新)

投稿日時 6月 1st, 2011 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
キーワード:
コメントは受け付けていません。

NTTドコモ、ソフトバンクモバイル、KDDI、九州沖縄セルラー、イーアクセスは6月1日、第三世代携帯電話(3G)におけるショートメッセージサービス(SMS)の事業者間接続を2011年7月13日(水曜)に開始すると発表しました。

SMSは相手の電話番号を宛先にして、短い文章やメッセージを回線交換網経由で送受信できるサービス。NTTドコモは「ショートメッセージ」、ソフトバンクやイーアクセス(イーモバイル)は「SMS」、KDDI・九州沖縄セルラー(au)は「Cメール」としてサービスを提供していますが、現在のところ国内においては、同一事業者内での送受信は可能でしたが、他社の端末とのSMSの送受信はできません(NTTドコモとソフトバンクとでは、国際SMSの利用で送受信可能ですが)。今回の発表は事業者間接続を開始することで、他社の端末間でもSMSの送受信を可能にするというものです。

SMSの料金は各社の料金体系に従います。各社ともSMSの受信で、他社への送信料を同一事業者端末向けと同じ価格に設定しています。今回の相互接続に合わせ、価格改定や迷惑SMSへの対策を発表したキャリアもあります。

NTTドコモ

  • 送信料:1通5.25円(送達確認なし)、7.35円(送達確認あり)※7月13日からどちらも1通3.15円。海外への送信は1通50円。
  • 送信可能文字数:半角160文字、全角70文字
Source : NTTドコモ

ソフトバンクモバイル
  • 送信料:ホワイトプラン(i)、ゴールドプラン(i)の場合は無料、オレンジプラン(i)、シンプルオレンジ(i)の場合は1通3.15円。ブループラン(i)、ブループラン・バリュー(i)の場合は1通5.25円・
  • 送信可能文字数:140バイト(全角70文字)
Source : ソフトバンク

au(KDDI、九州沖縄セルラー)
  • 送信料:国内1通3.15円。海外1通100円。
  • 送信可能文字数:半角100文字、全角50文字。※2011年6月以降発売される一部機種で、全角70文字、半角140文字まで拡張。また改行入力も可能に。
Source : KDDI

イーモバイル(イーアクセス)
  • 送信料:国内1通2.1円。※「ケータイ定額プラン」、「EM定額オプション」、「定額パック24」加入の場合は無料。
  • 送信可能文字数:半角160文字、全角70文字
Source : イーアクセス

更新1:料金などを追記しました。

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5