「Dual Window Web Browser」を使ってGoogleダブルリアルタイム検索が実現

投稿日時 4月 9th, 2010 by juggly 投稿カテゴリ » 未分類
コメントは受け付けていません。

もうすでにお使いの方も多いと思いますが、Androidマーケットに「Dual Window Web Browser」と言う、その名の通り画面を二つに分割してそれぞれ違うWEBサイトを同時に閲覧することができるブラウザアプリが公開されています。

これを使えば、Googleリーダーに登録したフィードの新着記事を見ながら、Twitterのタイムラインを閲覧できたりと、閲覧するWEBブラウザの組合せによっては非常に効率的に情報収集することができるようになります。



個人的には、ただ単に二画面でWEBサイトを閲覧すると言う使い方ではなく、特定サイトの組合せで利用するのが良いのかな、と思います。

たとえば、特定の株価情報サイトをを閲覧しながら、特定のニュースサイトを閲覧するとか、Gmailを表示させメールチェックをしながら、Googleカレンダー、Googleタスクでタスクやスケジュール管理をするなど、目的ありきで使うと良いかも知れません。



さらに、必殺技として、両方の画面でGoogleリアルタイム検索を行いながら、その日話題となっているニュースを流し読みできたり、電車の遅延情報などを確認できる。これで通勤、通学電車・バスの暇な時間もいつもの倍楽しめちゃいますね。



画面ショットはNexus Oneでアプリを利用したものなのですが、ご覧の通り、一つの画面を二つに分割してWEBサイトを表示させるためWEBサイトの表示がキツキツです。なので、Nexus Oneよりも低い解像度の端末だともっとキツキツになるので、できればNexus OneかXperiaなどの大画面、高解像度の端末で利用されることをお勧めします。

このアプリ、もしAndroidタブレットなどが普及し始めたら相当使えると思うので、ちょっと動作が不安定なところを治して、さらにもっとページの移動、ブックマーク機能を改善してもらえると助かります。

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5