LG、デュアルコア3Dスマートフォン「Optimus 3D(LG-SU760)」を韓国で発表、来週発売

投稿日時 7月 7th, 2011 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
キーワード: , ,
コメントは受け付けていません。



LGは7月7日、韓国でプレスカンファレンスを開催し、デュアルコア3Dスマートフォン「Optimus 3D(LG-SU760)」の発売を発表しました。来週よりSKテレコム単独で発売されます。

Optimsu 3Dは写真や映像を3Dでも撮影できる背面500万画素のツインカメラ、視差バリア方式の4.3インチ3D液晶ディスプレイ、デュアルコアTI OMAP 4430を搭載するハイスペックなAndroidスマートフォン。6月下旬より欧州で発売されています。韓国版は地上DMBに対応するなど仕様が異なります。

Optimus 3Dの3D関連の機能としては、本体ディスプレイの3D飛出し度の調節機能、写真や動画の3D⇔2D変換機能、LGのシネマ3DテレビへのHDMI出力機能。LGはゲームの3Dに変換できるよう開発者を支援することを表明しています。LGが4月末より公開した3Dアプリのソフトウェア開発キットは現在50万ダウンロードを達成したとか。

また、LGは2月にYouTubeとの提携を発表しており、その提携により提供される専用アプリを使用することでYouTube 3Dへの3D動画のアップロード/ダウンロード、ストリーミング再生することができます。端末側面の3Dホットキーを押すと3Dアプリだけを纏めた専用メニューを起動できます。LGはYouTubeのほか、Gamoloftとも提携を発表しており、まずは3Dゲームとして「レッツゴルフ2」、「アスファルト6」、「N.O.V.A」を端末にプリインストール、以降、3Dゲームのラインアップ拡大を計画しているそうです。LGは同社の独自アプリストア「LG World」にて3Dゲーム専用チャンネルを開設して3Dゲームのラインアップ拡大を図るそうです。その LG Worldには、Wikitudeとのコラボレーションで生まれた3D ARブラウザも公開される予定です。

Optimus 3Dのスペックは、4.3インチWVGA(800×489)のLCD、TI OMAP 4430 1.0GHz、512MBのRAM、16GBの内蔵ストレージ、背面に500万画素のカメラ×2、前面に30万画素のカメラ、地上DMB、HDMI出力端子などを搭載。Wi-Fi b/g/n、Bluetooth 2.1+EDR、DLNA対応。OSはAnroid 2.2(Froyo)、バッテリー容量は1,500mAh、本体サイズは128.8 x 68 x 12.1 mm、本体質量は171.5 g。

Source : LG

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5