NTTドコモ、spモードメールの不具合修正版(バージョン4900)を公開

投稿日時 7月 31st, 2011 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。

NTTドコモのspモードメールアプリがバージョン4900にアップデートされました。

7月28日に公開されたバージョン4700にアップデートした一部のユーザにおいて、新着メールがメッセージRのフォルダに振分けられてしまう現象、受信メールが意図しないフォルダに移動されてしまうという現象が見つかりました。

7月29日公開されたバージョン4800で不具合の一つである新着メールがメッセージRのフォルダに振分けられてしまう現象の対策が行われ、昨日30日に公開されたバージョン4900で、ユーザ作成のフォルダから「受信メール」の「メッセージR」フォルダ、「ゴミ箱」の「メッセージR」フォルダに移動してしまったメールを「受信(送信)BOX」へ、ユーザが自身で作成したフォルダに移動済みだったインポートメールを「受信(送信)メール」内の「インポート」フォルダに移動するというもう一つの現象に対処する変更が行われました。

spモードメールアプリをバージョン4900にアップデート後、アプリ初回起動時にメールの移動が行われます。処理では「メッセージR」に移動されてしまったメールが、「受信(送信)BOX」もしくは「インポート」フォルダに移動されるので、ユーザ作成のフォルダには手動で移動する必要があります。また、バージョン4900へのアップデートで、バージョン4700以前にユーザが設定していたユーザ作成の任意フォルダへのメール振り分け設定が削除されてしまうので、再設定が必要になります。NTTドコモの公式サイトで復旧手順が公開されています。

「spモードメール」(マーケットリンク)

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5